Agilingua、音声対話インターフェースを開発するSDKの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Agilingua、音声対話インターフェースを開発するSDKの新版を発売


掲載日:2009/09/07


News

 Agilingua,LLC.(アジリングア)は、双方向の音声インタラクションインターフェースの開発を統括的に支援するSDK(ソフトウェア開発キット)の新バージョン「アトム音声対話SDK v3.0」を、発売した。

 「アトム音声対話SDK」は、双方向のエンベデッド(埋め込み)音声対話インターフェース開発に特化したSDK。様々な開発プロセスを統括的に支援し、優れた整合性と、利便性に優れたテスト/デバッグツール群で、SDK不使用の場合に比べ開発時間を削減できる。

 今回の新バージョンでは、ランタイムエンジンの実行スピードが従来比10〜20%高速化された。Windows XP/Vistaに対応する標準ランタイムエンジンを搭載しているほか、別売りでPocket PC/Windows Mobile/Windows CE/Windows Automotive/Linuxなど組み込みシステム向けランタイムエンジンも提供され、いずれも今回高速化されている。

 内蔵されている音声インターフェース文法作成ツール“アトムグラマーツール”に、文法のエラーを自動的に報告する機能“グラマーレポーター”が追加された。作成した文法をテストセットと照合した結果を自動的に報告/表示できるため、作成した文法中のエラーの個所とそのエラーの特徴を迅速に特定できる。既存の3機能“グラマーエディター”/“グラマーテスター”/“グラマーデバッガー”とともに、迅速な文法開発と、プログラム作業の軽減を支援する。“アトムグラマーツール”は「アトム音声対話SDK」に含まれているが、単独でも販売される。

 従来対応していたWindows搭載の音声認識/合成ソフトに加え、株式会社アクエスト製のフリーの音声合成ミドルウェア「AquesTalk」(Windows版)に対応した。同ミドルウェアはアクエストのWebサイトからダウンロードできる。


出荷日・発売日 2009年9月3日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「アジリングア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026895


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ