リコー、スキャンデータ等を文書管理などに配信するソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、スキャンデータ等を文書管理などに配信するソフトを発売


掲載日:2009/09/04


News

 株式会社リコーは、デジタル複合機(MFP)「imagio MP」シリーズと連動して、スキャンまたはFAX受信したイメージデータを文書管理システムなどにシームレスに配信するアプリケーションソフト「Ridoc GlobalScan」を、9月7日より発売する。

 「Ridoc GlobalScan」では、スキャン/FAX受信したデータの配信フローを自由に作成できるほか、MFPの操作画面をカスタマイズでき、利用者は直感的な操作でスキャン/配信できる。また、同社の文書管理システム「Ridoc Document Server」やMicrosoft Office SharePoint Server(MOSS)2007など、WebDAVプロトコル対応システムとのデータ連携が可能で、Windows/Mac OS X/Linux/UNIXなどプラットフォームの違いを意識せずにファイルアクセスを行なえ、既存の基幹システムや文書管理システムで、スキャンした文書を活用できる。更に、同社のFAX送受信業務支援システム「Ridoc FAX Transmitter」/「Ridoc FAX Order-Flow」と組み合わせることで、FAX受発注業務を効率化することなどもできる。

 サーバ不要で運用できる“ライトモード”と、サーバ1台で複数台のMFPと連携でき、複数のサーバを連携した運用も可能な“スタンダードモード”の2つのモードを備えており、部門単位/全社レベルどちらでの導入にも対応し、柔軟にシステムを構築できる。“ライトモード”では、同製品がインストールされたMFPが、フォルダ配信/メール配信/FTP配信/WebDAV配信などの処理を行なえる。

 “スタンダードモード”では、同製品がインストールされたサーバ上で、スキャン/FAX受信した文書の天地を識別でき、テキスト付きPDF/パスワード付きPDFを作成できる。また、メインサーバから複数のロードバランスサーバにジョブを自動的に分散してメインサーバの負荷を軽減することや、メインサーバに障害が発生した場合にセカンダリ配信サーバに自動的に引き継ぐことができる。

 ライセンスの提供形態には、接続したMFPの台数に応じてライセンスを追加できる方式“デバイスライセンス”を採用したことで、より簡便/廉価にシステムを構成できる。価格例は、基本パッケージ(1サーバライセンスと1デバイスライセンス)が15万円となっている。なお、同製品を使用するには、「imagio」シリーズの対応機種と、オプションの「imagio VMカード」が必要となる。


出荷日・発売日 2009年9月7日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 【アドビ システムズ】 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 【アドビ システムズ】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026878


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ