CTCSP、レプリケーションソフト「Double-Take」新機能を先行追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTCSP、レプリケーションソフト「Double-Take」新機能を先行追加


掲載日:2009/09/02


News

 シーティーシー・エスピー株式会社(CTCSP)は、リアルタイムデータレプリケーション/フェイルオーバーソフトウェア「Double-Take for Windows」で、「Ver5.2」より標準搭載となる機能“Change Journal Re-Mirror”を、「Ver5.1」で先行リリースした。

 「Double-Take」は、Windowsのサーバシステムに特化した、Exchange Server/SQL Server/Oracleなどのアプリケーション用データレプリケーションソフトウェア。今回発表された新機能“Change Journal Re-Mirror”は、大量データの保護を、廉価なサーバ/ストレージの2重化によって高可用/廉価で実現することを目的としたデータ複製/整合技術で、ファイルサーバに障害が発生した場合、「Double-Take」のサービスが停止している間に発生するデータ量の分のみの再ミラーリングを行なう。

 Windows 2000以降に標準で搭載されているチェンジジャーナル機能と連動することで、テラバイト級の大規模データの再ミラーリングでも最短数秒で終了でき、復旧までのダウンタイムを削減することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

24時間稼働のフラッシュストレージがもたらすビジネスメリットとは? 【ネットアップ】 OpenStackブロックストレージの導入における6つの選定ポイント 【ネットアップ】 主要オールフラッシュ2製品を徹底比較、OLTPなど高負荷での性能の違いは? 【EMCジャパン】 フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? 【ネットアップ】 “匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 【三井情報+他】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
24時間稼働のフラッシュストレージがもたらすビジネスメリットとは? OpenStackブロックストレージの導入における6つの選定ポイント 主要オールフラッシュ2製品を徹底比較、OLTPなど高負荷での性能の違いは? フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? もはや“匠の技”は必要ない? 次世代インフラに最適なストレージ運用とは

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026854


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ