CTCSP、レプリケーションソフト「Double-Take」新機能を先行追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTCSP、レプリケーションソフト「Double-Take」新機能を先行追加


掲載日:2009/09/02


News

 シーティーシー・エスピー株式会社(CTCSP)は、リアルタイムデータレプリケーション/フェイルオーバーソフトウェア「Double-Take for Windows」で、「Ver5.2」より標準搭載となる機能“Change Journal Re-Mirror”を、「Ver5.1」で先行リリースした。

 「Double-Take」は、Windowsのサーバシステムに特化した、Exchange Server/SQL Server/Oracleなどのアプリケーション用データレプリケーションソフトウェア。今回発表された新機能“Change Journal Re-Mirror”は、大量データの保護を、廉価なサーバ/ストレージの2重化によって高可用/廉価で実現することを目的としたデータ複製/整合技術で、ファイルサーバに障害が発生した場合、「Double-Take」のサービスが停止している間に発生するデータ量の分のみの再ミラーリングを行なう。

 Windows 2000以降に標準で搭載されているチェンジジャーナル機能と連動することで、テラバイト級の大規模データの再ミラーリングでも最短数秒で終了でき、復旧までのダウンタイムを削減することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

SSDとHDDの併用課題を解決、新世代ハイブリッドストレージは何が違うのか? 【華為技術日本】 データセンターのボトルネック解消へ、SANのフラッシュ化に必要な3つのポイント 【ネットアップ】 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 【東京エレクトロン デバイス】 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 【ネットアップ】 OpenStackブロックストレージの導入における6つの選定ポイント 【ネットアップ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
SSDとHDDの併用課題を解決、新世代ハイブリッドストレージは何が違うのか? データセンターのボトルネック解消へ、SANのフラッシュ化に必要な3つのポイント 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? OpenStackブロックストレージの導入における6つの選定ポイント

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026854


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ