レノボ、仮想化に対応した中小向けラックマウント型サーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、仮想化に対応した中小向けラックマウント型サーバを発売


掲載日:2009/09/02


News

 レノボ・ジャパン株式会社は、仮想化に対応した、中小規模企業向けラックマウント型サーバ「ThinkServer RD210/RD220」を、発売した。

 「RD210/RD220」は、Xeonプロセッサ5500番台を2つまで搭載できるサーバ。最大128GB(今後導入予定の8GBメモリ使用時)のDDR3メモリを搭載でき、「RD220」は最大3.6TBのストレージを搭載できる。「RD210」は1u(高さ44.45mm)サイズで、小規模企業での利用に適している。

 Microsoft/VMWare/Novell/Red Hatなどのベンダの仮想化ソリューションに対応している。時間とコストを削減する機能を装備しており、仮想環境へシームレスに移行できる。メモリ/ストレージ容量も増強されているため、ユーザは複数の既存サーバを1つの「ThinkServer」に統合し、ハードウェアのコストと消費電力を削減できる。また、低ワット数のプロセッサとメモリのオプションが提供されるほか、HDDも小型化されており、米国環境保護庁の“Energy Star for Computer Servers 1.0”に対応している。電源電力供給は92%を超える効率を達成している。

 Webインターフェースを通じて“常時接続”状態で、遠隔からのサーバ管理をサポートするシステム管理機能“IMM”(Integrated Management Module)を装備しており、時間や場所を選ばず、サーバに障害が発生した場合や電源がオフの状態でも、リモートからアクセスして管理できる。また、指定モデルに搭載される“IMM Premium”では、“IMM”の機能に加え、KVM(Keyboard/Video/Mouse操作)、ローカルディスクやドライブのサーバへのアタッチ、OS障害時のスクリーンのキャプチャなどの機能をリモートから利用できる。

 ハードウェアとソフトウェアの両方を通じ、IT部門の手を借りずにサーバのセットアップ/更新/管理を迅速に行なえるようにするための、包括的なサポートサービスも提供される。


出荷日・発売日 2009年9月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026847


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ