スカイコムとFJCS、文書管理製品のPDF変換/電子署名などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スカイコムとFJCS、文書管理製品のPDF変換/電子署名などを強化


掲載日:2009/08/27


News

 株式会社スカイコムと株式会社富士通中国システムズ(FJCS)は、FJCS製文書管理システム「Documal V4」の「PDF変換セキュリティオプション」に、スカイコム製PDF変換エンジン「SkyPDF for Documal」を採用し、出荷した。

 「Documal V4」は、文書管理機能(文書管理/文書検索/コラボレーション/セキュリティ管理)と、プロセス管理機能(プロセスフロー管理/書類マスタ定義/電子承認・配信/進捗管理)を備えた、業務プロセスドキュメントの管理を目的としたシステム。

 今回「SkyPDF for Documal」を採用した「PDF変換セキュリティオプション」では、Office文書をPDFに変換する速度が従来製品比2〜12倍(同社テスト結果)に高速化されたほか、マルチタスク処理を採用したことで、操作性が向上しており、複数のユーザが同時に文書登録(PDF自動変換処理)を行なっても待ちストレスを低減できる。また、ユーザインターフェースが刷新され、PDF文書のサムネイル表示によるビジュアル検索が可能になった。

 株式会社PFUのタイムスタンプサービスと連携することで、PDFに電子署名/タイムスタンプを付与できる。いつPDFを作成し、ある日時に確かに存在していたという“存在証明”と、その存在日時以降PDF文書内容の修正・改ざんなど不正処理がないことを証明できる。これにより、文書の存在証明や改ざん検出が可能で、内部統制/コンプライアンスを支援する。更に、RFC3126に準拠した長期保存フォーマットに対応しており、特許庁のガイドラインによりタイムスタンプ/電子署名など付与した電子文書の先使用権主張や工業所有権などに対応し、長期間の確実な電子文書保存が可能になっている。また、ウォータマークを付加できるほか、ヘッダ・フッタ情報をリアルタイムで付加することができる。

 Office文書やイメージファイルなどを「Documal V4」へ登録すると、企業・部課ポリシーに応じて、PDF自動作成時に各種セキュリティ制御(パスワード設定/印刷不可/コピー不可/編集不可など)を付与し、あらかじめ設定されたフォルダへ戻すことができる。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PDFソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PDFソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「PDFソフト」関連の製品

PDF帳票生成エンジン SVF for PDF 【ウイングアーク1st】
PDFソフト
日本固有の緻密な帳票を生成するPDFエンジン。高精細かつピーク時の同多重アクセスへの対応により、バーコードや画像の貼付けなどハイグレードなPDFの活用・効率化を支援。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026771


IT・IT製品TOP > PCソフト > PDFソフト > PDFソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ