日本HP、廉価なA3対応ビジネス向けインクジェットプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、廉価なA3対応ビジネス向けインクジェットプリンタを発売


掲載日:2009/08/26


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、有線LAN機能を標準搭載した、廉価なA3対応ビジネス向けインクジェットプリンタ「HP Officejet 7000」を、9月11日より発売する。同社のオンラインストア“HP Directplus”での価格は、1万9000円となっている。

 「HP Officejet 7000」では、にじみを抑えた鮮明なテキスト印刷が行なえる顔料系黒インクと、階調表現に優れた染料系カラーインクを採用し、優れた品質で普通紙に印刷できる。印刷速度は最高で毎分モノクロ33枚/カラー32枚で、インク消費量を抑えた“最速モード”でも実用的な印刷品質を備えている。

 4色独立インクシステムを搭載し、ランニングコストはA4カラー文書1枚7.6円に抑えられている(ISO/IEC 24711、24712に準拠した計測方法で算出)。黒インクカートリッジには増量タイプが用意されており、インク交換の手間を削減できる。また、消費電力も低価格帯レーザープリンタに比べ約40%低く(同社調べ)、国際エネルギースタープログラムの新基準“バージョン1.1”に適合している。

 写真用紙のL判からA3+までの様々な用紙に対応し、給紙トレイと排紙トレイを前面に配置したことで使い勝手が向上している。また、背面に給紙トレイの余分なスペースが不要で、本体が幅574mm×奥行き402mm×高さ181mmとコンパクトなため、設置スペースの自由度に優れている。

 顔料系インクに反応する化学成分(結合剤)を用紙に含有し、インク成分を迅速に定着させる“ColorLokテクノロジー”を採用したAPRIL Fine Paper社の高白色コピー用紙「PaperOne」は、一般的な普通紙(コピー用紙)と同等の価格ながら、速乾性に優れ、黒はより黒く、カラーはより鮮明な発色が可能で、水や汚れへの耐性にも優れ、提案書や長期保存を必要とするカラービジネス文書の印刷に適している。


出荷日・発売日 2009年9月11日 発売
価格 HP Directplus価格:1万9000円

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026762


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ