マクニカネットワークス、PC XサーバソフトのOpenGL対応等を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マクニカネットワークス、PC XサーバソフトのOpenGL対応等を強化


掲載日:2009/08/26


News

 マクニカネットワークス株式会社は、加Open Text Corporation製のPC Xサーバソフトの日本語版新バージョン「Exceed onDemand 7J」を、発売した。

 「Exceed onDemand」は、WindowsのPC画面上で遠隔地のUNIXのXウィンドウ画面を操作できる、シンクライアントモデルのPC Xサーバソフトウェア。データサイズを縮小する“Thin X プロトコル”の採用によりトラフィック量を削減しており、ネットワーク帯域を問わず優れたパフォーマンスで利用できる。ネットワークが切断された場合でも、Xセッションの一時中断/回復(サスペンド&レジューム)機能により自動的にXセッションを保持し、Xアプリケーションを実行し続けることができる。

 今回の新バージョンでは、OpenGLアプリケーションへの対応とライセンス管理機能が強化された。新機能“サーバサイドレンダリング機能”により、OpenGLアプリケーションの描画処理をサーバで行ない、描画されたフレームイメージをクライアントに圧縮して転送することで、負荷の高いOpenGLアプリケーションのトラフィックを削減できる。加えて、クライアントに転送する描画イメージの画質を調整することで、更なるトラフィックの削減が可能となる。これらの新機能により、従来製品に比べ、OpenGLアプリケーションのトラフィック圧縮率の200%向上を達成した(マクニカネットワークス調べ)。

 管理機能では、新機能“Exceed License Server”により、Exceed Connection Server(旧Exceed onDemand Server)が複数拠点に分散設置されている場合にも、ライセンスを統合管理し、個々のExceed Connection Serverへのライセンスの振り分けが可能となり、運用を効率化できる。


出荷日・発売日 2009年8月25日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「マクニカネットワークス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” 【日本電気】 ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ 【株式会社ネットワールド】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】 「セキュリティ重視のワークスタイル変革」成功企業の取組みとは 【日立システムズ+他】 DiskDeleter 【ホワイトポイント】
統合運用管理 垂直統合型システム 無線LAN 無線LAN 暗号化
激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 廃棄・譲渡したPCからの情報漏えいが多発、データを完全消去する際の注意点は?

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026754


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIX > UNIXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ