ダイヤモンド社、人材成長の阻害要因を可視化/改善する製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ダイヤモンド社、人材成長の阻害要因を可視化/改善する製品発売


掲載日:2009/08/26


News

 株式会社ダイヤモンド社は、職場での人材の成長を促進するためのWeb診断システム「現場の学び診断システム『WPL』」(WPL:WorkPlace Learning)を、9月より発売する。

 「現場の学び診断システム『WPL』」は、“なにが人材の成長を阻害しているのか”を知るための手がかりとなるマネジメントプログラム。職場の人材育成環境やコミュニケーション環境を、様々な手がかりを使用して“可視化”できる。若手人材(1年目〜15年目程度)を対象として診断することで、個人成長力(個人の成長に関する課題)と、職場育成力(職場/組織の人材育成上の課題)の両方を“見える化”でき、改善のポイントを知ることができる。

 人材の成長を阻害する要因を改善することもできる。“WPL”と同様にWeb上で利用できる、4枚のシートで構成された個人用/職場長用のツール“リフレクティブシート”が用意されている。最初のシート“フィードバックシート”に診断項目から、受検者の診断結果の上位2つ、下位2つが表示され、各々の解説が表示される。受検者はこの解説を読み、2番目のシート“エクスペリエンスシート”に診断結果から想定される、自らの経験(エピソード)を記述する。このエピソードをテーマに、同期や職場の同僚といった数名の他者とコミュニケーションをとりながら共有する。他者との対話の結果から得た“気づき”を3番目のシート“ダイアローグシート”に記述し、最後に“気づき”から持論化された“アクションプラン”を4番目のシート“プランニングシート”に書き込む。“アクションプラン”を職場で実行することで、個人用では個人が自ら成長する上での阻害要因を、職場用では職場長が率いる組織を人が育つ組織に、それぞれ改善できる。

 “リフレクティブシート”を活用して、研修の内製化を進めることで、“人材育成レベルの低下防止”や“コストをかけない育成の場の創出”といった問題に対処することを支援する。なお価格は、初期導入費が10万5000円、診断が1人当たり5250円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

見積共有管理 for WEB 【ソフトバンク コマース&サービス】 継続請求管理ロボット「経理のミカタ」 【ソフトバンク コマース&サービス】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
Webブラウザで見積書の作成・承認・印刷、そして、会社の見積書共有まで実現し、営業活動の効率化と顧客対応スピードの向上を図る見積書作成システム。 SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026753


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ