富士通、遠隔操作で情報漏洩を防止できるモバイルPCを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、遠隔操作で情報漏洩を防止できるモバイルPCを提供


掲載日:2009/08/26


News

 富士通株式会社は、法人ユーザ向けに、ノートPCの紛失/盗難対策として遠隔操作でPCのHDDのデータを消去する機能“CLEARSURE”に対応したモバイルPC“FMV-LIFEBOOK”「FMV-S8390」を、9月下旬より提供する。

 “CLEARSURE”の“データ消去”機能では、同製品に内蔵される専用の通信モジュールを使用して、株式会社ウィルコムのPHSネットワークを利用した遠隔操作で、同製品の暗号化機能付きHDD内にある暗号化されたデータを復号するための暗号鍵を消去することで、HDDに保存されたデータを復元不能にできる。通信モジュールはPCの電源オン/オフに関わらず常時待ち受け状態を維持でき、PCが通信圏内にある場合は電源がオフの状態でもデータの消去が可能で、PCの状態を問わず指示を実行できるなど優れたセキュリティ機能を備えている。これにより、PCの紛失/盗難時の情報漏洩を防止できるほか、ノートPCを持ち出すことによる業務の効率化と生産性の向上を図ることができる。

 「FMV-S8390」は、13.3インチワイドXGA(1280×800ドット)液晶、160GBの暗号化HDD、専用の通信モジュールを搭載し、増設バッテリを利用すると10.5時間(Windows Vista Businessダウングレードモデル)稼働可能なモバイルPC。同社が用意する管理サーバにインターネット経由で指示を送ることで、PHSネットワークを利用してHDD内のデータを即座に消去できる。PCへの指示は、HDD内のデータを解析/復元不可能状態にする“データ消去”と、PCの動作を抑止し第三者がPCを操作することを防止する“PCロック”機能が用意されており、状況に応じて使い分けできる。

 “CLEARSURE”の全機能を1年間(カスタムメイドオプションにより最長5年間)利用できるため、サーバの設置など他の初期投資不要で、購入後直ちに、優れたセキュリティ環境で利用できる。“CLEARSURE”の機能に加え、セキュリティチップ、指紋センサ、Felica、スマートカードなど様々なセキュリティ機能に対応しており、“CLEARSURE”と併用することでセキュリティ機能を更に強固にできる。また、10月には、PCの資産管理・情報漏洩対策ソフトウェア「Systemwalker Desktop Patrol」で、“CLEARSURE”対応PCの“データ消去”や“PCロック”の指示と効率的な管理を行なえる機能が提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026751


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ