ソニー、720pのHD映像を配信可能なネットワークカメラを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー、720pのHD映像を配信可能なネットワークカメラを発売


掲載日:2009/08/21


News

 ソニー株式会社は、200万画素の3分の1型CMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサを搭載し、720pのHD(High Definition)撮影を行なえる旋回型ネットワークカメラ「SNC-RH124」(屋内型)と「SNC-RH164」(屋外ハウジング一体型)を、10月1日より順次発売する。価格はそれぞれ、48万円/60万円となっている。

 両製品とも、1280×720ドット(16:9)のプログレッシブ方式で最大毎秒30フレームを出力でき、HD映像をネットワーク経由でリアルタイムに伝送できる。映像圧縮方式はJPEG、MPEG-4、H.264の3方式に対応しており、用途に応じて映像圧縮方式を選択可能となっている。また、“動き適応型ノイズリダクション機能”を搭載し低照度時のノイズを除去できるほか、“明暗部コントラスト補正機能”により、光の強い部分の白とびや光が弱く黒く沈んだ部分の明るさを補正できる。

 360度のエンドレス旋回や210度の範囲でのチルトに対応し、広範囲の撮影が可能になっている。クイックリリース機構により容易な手順で取り外しでき、「SNC-RH164」は屋外に設置可能な屋外用のハウジングと一体型のためハウジング取り付けの手間を省けるほか、屋外の様々な環境を想定し、サンシェード、ファン、ヒーターが装備されている。

 専用のネットワークカメラレコーダーと併用することでネットワークを経由し複数のカメラの操作や記録を行なえるほか、カメラとネットワークの間にIP伝送装置を組み込むなどの複雑なシステム構成は不要で設置できる。また、“DEPA Advanced”に対応し、動体検知に加え、画面上に設定したライン上を人や車が右から左に通過した場合にアラームを発するなど、より高度なアラーム検知が可能で、映像データに加えアラーム情報を付加してレコーダーに送れるため、レコーダー側ではアラームに沿って記録を開始するなどの連携処理を行なえる。

 スプレーや布をかけられたことによる妨害をカメラが検知する機能を搭載しており、ネットワーク経由でレコーダーに妨害の検知を通知できる。ネットワークビデオ製品インターフェースの標準仕様に準拠しており、同仕様対応の他社製のレコーダーやレコーディングソフトウェアなどにも接続できる。また、画面内に文字や画像(GIFファイル)を表示する機能を備え、IPv6に対応しているほか、別売りの無線LANカードを取り付けることでIEEE802.11b/gの無線通信を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 「SNC-RH124」:48万円、「SNC-RH164」:60万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークカメラ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークカメラ」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026705


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ