イメーション、互換性に優れたRDXカートリッジ3製品などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イメーション、互換性に優れたRDXカートリッジ3製品などを発売


掲載日:2009/08/21


News

 イメーション株式会社では、エントリーレベル向けにリムーバブルHDDを使用し、中小規模サーバのデータバックアップを容易に行なえるRDXストレージシステムの「RDXカートリッジ 160GB/320GB/500GB」の3製品と外付けの「USBドッキングステーション」を、9月1日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 RDXストレージシステムは、DDS(Dynamic Data Storage)などのテープバックアップの感覚で容易にデータバックアップを行なえるシステム。今回発売される「RDXカートリッジ」は、2.5インチSATA(Serial ATA)HDDを内蔵し、900Gの衝撃吸収構造による1m落下強度特性、カートリッジの静電気除去特性を備え、信頼性に優れたコネクタの採用などにより信頼性に優れている。また、カートリッジ1本あたり、最大500GBの容量と毎秒30MBの高速な転送速度を備えている。バックアップ用途に加え、ドラッグ&ドロップでデータを移動できるほか、不用意なディスク取り外しを防止できる“ソフトイジェクトメカ”を採用している。

 “RDXドッキングステーション”はRDXロゴのついたカートリッジとの互換性を備えており、同社の「RDXカートリッジ」は各社から発売されている“RDXドッキングステーション”との互換性に優れている。また、専用の外付け「USBドッキングステーション」は、将来登場する大容量カートリッジにも対応を予定している。「ドッキングステーション」に同梱されるEMCの「EMC Retrospect」ソフトウェアは、容易な操作で迅速なバックアップとリストアやデザスタリカバリを行なえるほか、米政府認定の256ビットAES(Advanced Encryption Standard)暗号化システムを採用しており、データセキュリティにも対応できる。

 なお「ドッキングステーション」は、受注販売となっている。


出荷日・発売日 2009年9月1日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ActiveImage Protector plus CLUSTERPRO X 【ネットジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ActiveImage Protector 2016 R2 【ネットジャパン】 「重複排除+容量課金」でコストを大幅削減、サーババックアップの新機軸とは 【ねこじゃらし】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
鉄壁の復旧体制を確立 自治体の戸籍情報システムに学ぶ障害対策手法 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 ランサムウェア対策にもバックアップが有効って本当? その理由は…… サーババックアップは「重複排除+容量課金」コスト大幅削減、災害対策もできる

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026704


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ