日本IBM、コミュニティ内の共同作業を促進するソフトを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、コミュニティ内の共同作業を促進するソフトを提供


掲載日:2009/08/20


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、企業内に加え社外の専門家や顧客、ビジネス・パートナーをつなぐソーシャル・ソフトウェアの新製品で、意見交換に加え共同作業を実施できる「IBM Lotus Connections 2.5」を、8月29日より提供する。

 「IBM Lotus Connections」は、コミュニケーションやコラボレーションを支援する各種機能を“コンポーネント”として提供する。例えば“プロフィール”では、登録者の写真や経歴、専門分野、アクセス先、組織構成などが表示され、誰が専門的な知識を有するかを把握することができる。特定の話題に興味を持つ人が集まる場を提供する“コミュニティー”では、様々な分野の専門家が集まり、情報共有やディスカッションなどを通じて新たな知見を創出することができる。ビジネスでの利用を目的に開発されているため、例えば“コミュニティー”で創出された新しいアイデアを具体化し、実行する際に、役割分担や実施記録、進捗管理をきめ細かなアクセス制御を行なって実施できる“アクティビティー”などのコンポーネントも備えている。

 今回提供される「2.5」では、“コミュニティー”内での“アクティビティー”共有が可能となるなど、各コンポーネント間の連携が強化され、“コミュニティー”内のコラボレーション作業をより活発に実施可能となった。また、“ファイル共有”/“Wiki”の2つのコンポーネントが追加された。“ファイル共有”では、ある“コミュニティー”のメンバーが添付した資料に対し、ダウンロードしたメンバーの確認や、資料に対するコメント記入、参照者が更新した際の資料のバージョン管理、更には資料への細かいアクセス制御などを行なえる。“Wiki”では、誰でもWeb上でコンテンツの編集と共有を行なえる。これらを“コミュニティー”ごとに実施できることで“コミュニティー”を活性化でき、情報共有にとどまらず、新しいビジネスの創出や課題解決を支援することができる。そのほか、“ホームページ”で重要情報の表示方法をカスタマイズできる機能や個人のブラウザのブックマーク情報をインポートできる機能など、既存サービスに新機能が追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026689


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ