パナソニック電工NETS、電子決裁をサイボウズ ガルーン 2と連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック電工NETS、電子決裁をサイボウズ ガルーン 2と連携


掲載日:2009/08/18


News

 パナソニック電工ネットソリューションズ株式会社(パナソニック電工NETS)は、電子決裁システム「MajorFlow for .NET」のオプションとして、サイボウズ株式会社のエンタープライズグループウェア「サイボウズ ガルーン 2」との連携モジュールを、9月11日より発売する。

 「サイボウズ ガルーン 2連携モジュール」では、「ガルーン 2」へログインすると同時に「MajorFlow for .NET」にもログインできるシングルサインオン機能を搭載しており、1度のID/パスワード認証で「ガルーン 2」上から「MajorFlow for .NET」のワークフロー機能を利用できる。また、「ガルーン 2」のポータル(情報統合)画面に「MajorFlow for .NET」の申請/承認画面などをポートレット(Webポータルを構成する着脱可能なユーザインターフェースのパーツ)として表示でき、ポータル上からの申請/承認処理を可能とした。検索や承認状況の参照、未処理の申請書の一覧表示なども可能となっている。

 「ガルーン 2」の組織情報などのマスタデータ(CSV形式:データをカンマで区切って並べたファイルの形式)を「MajorFlow for .NET」に移行し、そのまま利用できる機能も備えている。手作業による登録が不要となるため、整合性を保ちつつ容易にマスタの登録を行なうことができる。これらにより、グループウェア上からワークフローの利用が可能となるほか、社内アプリケーションの一元管理や業務の可視化を促進できるため、業務効率を向上させることができる。


出荷日・発売日 2009年9月11日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

desknet's NEOの乗り換え問題も1ユーザー150円のサービスで解決 【リスモン・ビジネス・ポータル】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 新年度のグループウェア導入・見直しなら1ユーザー月額150円で! 【リスモン・ビジネス・ポータル】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
363万人超のユーザーが利用するグループウェア desknet's NEO のクラウドサービス版。メール・スケジュール・ワークフローなど、全25機能が利用可能。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 ユーザー数363万超のグループウェアdesknet's NEOのクラウド版。1ユーザー月150円(税別)でメール/スケジュール/ワークフローなど25機能が利用可能 サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026651


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ