日本IBM、IT資源を従量制で提供するパブリック・クラウドを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、IT資源を従量制で提供するパブリック・クラウドを提供


掲載日:2009/08/18


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、IT資源をネットワーク経由で提供し従量制で課金するパブリック・クラウド・サービス「IBM マネージド・クラウド・コンピューティング・サービス(IBM MCCS)」を、10月中旬(予定)より提供する。

 「IBM MCCS」では、同社のデータセンタ内に、IBMのx86サーバ「IBM System x」やストレージ「IBM System Storage」などのIT資源を用意し、ネットワーク経由で提供することで、ユーザが自身でIT資産を所有することを不要にするサービス。同社が用意するIT資源には仮想化技術が活用され、物理的なサーバやストレージを論理的に分割して使用するため、複数の企業や業務に対して効率的にクラウド・サービスを提供できる。これによりユーザは、ビジネス状況に応じて必要なIT資源を柔軟に、適切なコストで調達できる。

 提供されるIT資源では、ITIL(IT Infrastructure Library)に準拠した標準運用プロセスに基づく品質に優れた運用サービスが提供される。サービスの内容に応じて、“レベル1:監視のみ”/“レベル2:監視、運用、障害一次対応”/“レベル3:監視、運用、障害一次対応、SEサポート”の3種類のメニューが用意されている。

 料金は、CPUの処理量に応じた従量課金で、CPU使用量の基準には、CPUの使用能力を測る業界標準の評価指標“SPECint_rate2006”を採用している。ユーザの業務に応じて基本使用量を設定し、基本使用量を超えた分に関しては、使用したCPU処理量に応じて支払う従量課金となっている。月次での設定/請求ながら、月の途中でも基本使用量の増減が可能で、変更要求の翌日から反映できるほか、処理する業務の量に応じて、設定した基本使用量の2倍までは自動的にIT資源を割り振ることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

「PCやシステムの運用管理」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 【Veeam Software japan】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
抽選で20名様に5000円分商品券★「PCやシステムの運用管理」に関するアンケート 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 IoT活用最前線――製造現場に新たな安全管理を、IoTで変わる現場 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026645


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ