PCC、130万画素センサと“H.264”採用のネットワークカメラ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PCC、130万画素センサと“H.264”採用のネットワークカメラ発売


掲載日:2009/08/18


News

 パナソニック コミュニケーションズ株式会社(PCC)は、メガピクセル(130万画素)イメージセンサを搭載、画像圧縮規格“H.264”を採用し、滑らかで画質に優れた画像のモニタリングを行なえるパン・チルト・“EXズーム機能”を搭載したネットワークカメラ2機種「BB-HCM715」/「BB-HCM735」を、8月25日より発売する。

 「BB-HCM715」は屋内設置限定タイプ、「BB-HCM735」は屋外タイプのネットワークカメラ。両製品とも、動画データに圧縮効率に優れた動画圧縮規格“H.264”を採用し、従来の画像圧縮方式“MPEG-4”に比べ、より滑らかでノイズを低減させた動画を提供できるほか、データサイズを30%以上小さくできる。更に、ネットワークが混み合った状況でもフレームレート低下による画質劣化の影響を抑えることができ、使用率の高いネットワーク上でも、より高精細で滑らかな動画像をモニタリングできる。

 画質を劣化させずに見たい部分をズームでき、元画像の画質のまま拡大処理を行なえる“EXズーム機能”を搭載しており、より鮮明な拡大画像でモニタリングできる。また、「BB-HCM735」はJIS C 0920準拠、IP55相当(防塵・防噴流型)の防塵/防水性能を備えているため、直接雨水などのあたる場所へもカメラを覆うハウジングなどを施さずに設置でき、コストを削減しながら、使用範囲を拡大できる。

 4つのセンサ画素を仮想的に1つの画素として扱うことで感度を向上させる“4画素加算機能”を備え、低照度(0.3ルクス〜、カラーナイトビューモードでは0.07ルクス〜)に対応できる。また、あらかじめ登録されたポジション(計10ヵ所)を定期的に巡回する“プリセットシーケンス機能”や、1万分の1のシャッタースピードを備えているほか、パナソニック ネットワークサービシズ社が運営する有償のダイナミックDNS(Domain Name System)サービス“みえますねっとサービス”にも対応している。

 なお価格は、「BB-HCM715」が8万9800円、「BB-HCM735」が11万円となっている。


出荷日・発売日 2009年8月25日 発売
価格 「BB-HCM715」:8万9800円、「BB-HCM735」:11万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークカメラ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークカメラ」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026618


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ