日本オラクル、インメモリDB製品の新版などを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、インメモリDB製品の新版などを提供


掲載日:2009/08/07


News

 日本オラクル株式会社は、インメモリDB製品の新版「Oracle TimesTen In-Memory Database 11g」と、Oracle Database 11gのDBキャッシングのオプション「Oracle In-Memory Database Cache 11g」の提供を、開始した。価格はいずれも、“Processorライセンス価格”が451万900円となっている。

 「Oracle TimesTen In-Memory Database」は、永続性とデータ復元性を備えたスタンドアロン構成のインメモリ・リレーショナルDB。「Oracle In-Memory Database Cache」は、Oracle Databaseと統合されたSQLキャッシュDB機能で、物理メモリ上にデータをキャッシュすることでアプリケーションのパフォーマンスを向上させることができる。

 今回提供される「In-Memory Database Cache 11g」では、“Database Cache Grid”機能が追加された。サービスを停止させずに、キャッシュ・グリッド・ノードをオンライン上で追加/削除可能とすることで、段階的にインメモリDBキャッシュを拡張することができる。また、データの保存場所を透過的にすることで、アプリケーションがデータの保存場所を把握することが不要となり、各キャッシュ・グリッド・ノードは同一サーバ上のローカルメモリや、その他のキャッシュ・グリッド・ノード、バックエンドのOracle Databaseからデータにアクセスすることが可能となる。優れた可用性と、バックエンドのOracle Databaseとのデータ同期化を備え、キャッシュ・ノード間のトランザクション一貫性を提供する。

 PL/SQLやOracle Call Interface(OCI)、SQL埋め込み言語Pro*Cに対応しており、既存のOracle Databaseを使用したアプリケーションのレスポンス/スループットを容易に向上させることができる。また、インメモリDBとそのアプリケーションを自動的にフェイルオーバでき、設定不要で可用性を更に向上させることができる。「Oracle Clusterware」/「Oracle Data Guard」と統合することで、障害時のデータ損失とダウンタイムを抑えることもできる。

 「TimesTen In-Memory Database 11g」では、“Database Cache Grid”によるスケールアウトとパフォーマンス向上が可能で、PL/SQLやOCI、Pro*Cに対応している。また、「Oracle Clusterware」と「Oracle Data Guard」を統合し、自動フェイルオーバ機能による優れた信頼性/可用性を確保することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 “Processorライセンス価格”:451万900円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 エンタープライズNoSQLデータベース 「MarkLogic Server」 【マークロジック】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 オペレーショナルでトランザクショナルな基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム。 やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには? 1部門からできる進捗管理の脱・Excel化、成功の鍵はWebデータベースにあり

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026555


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ