TCB、アプリケーションを仮想化して配信できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TCB、アプリケーションを仮想化して配信できる製品を発売


掲載日:2009/08/07


News

 TCBテクノロジーズ株式会社は、リモートにあるクライアントPCに仮想化されたアプリケーションをオンデマンドで配信できるアプリケーションストリーミングサーバ「Application Jukebox」を、発売する。

 「Application Jukebox」は、米Endeavors Technologiesが開発し、TCBが日本語版開発を行なった製品。クライアントPCへのアプリケーションのインストールは不要で、データセンタなどの他の場所から、利用したい時にSaaS(Software as a Service)として配信を受けることができる。仮想化を利用することで、安全性を確保できるほか、配信アプリケーションは同サーバが一元的に設定/管理するため、導入/運用コストの削減を図ることができる。

 仮想アプリケーションを生成する“Application Jukebox Studio”と、仮想化アプリケーションの格納/配信/管理を行なう“Application Jukebox Server”、ユーザ認証やユーザごとの配信アプリケーションを管理する“Application Jukebox Portal”、仮想アプリケーションを実行する“Application Jukebox Player”という4つのモジュールで構成され、“Application Jukebox Server”と“Application Jukebox Portal”には、SaaS向けポータル拡張モジュールを搭載した“SaaS Edition”と、企業向けポータル拡張モジュールを搭載した“Enterprise Edition”が用意されている。

 既存のデスクトップアプリケーションを利用できるほか、アプリケーションはクライアントPCのリソースを利用して実行されるため、大規模なアプリケーションサーバ群の用意は不要で、SaaS提供側の初期投資金額を抑えられる。また、システムの安全性を図りながら柔軟性を向上させており、既にクライアントPCに設定されているアプリケーションや接続されている周辺機器との連携を可能にする“統合使用”と、それらとの連携を不能にする“独立使用”を選択でき、アプリケーションの種類やユーザの権限、業務内容などにより使い分けることができる。

 “オフラインモード”を適用すれば、クライアントPCが同サーバと未接続でも、配信されたアプリケーションを利用できる(オフライン不可設定も可能)。各アプリケーションのライセンス数管理やモニタリングも可能で、優れた管理機能を備えている。価格形態は、“ライセンス販売価格”と、1年間分の使用料を支払う“年間ライセンス価格”の2形態が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】 HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】
シンクライアント シンクライアント
川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026554


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ