ミラクル・リナックス、複数Linux対応で回数単位のサポート提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ミラクル・リナックス、複数Linux対応で回数単位のサポート提供


掲載日:2009/08/04


News

 ミラクル・リナックス株式会社は、複数のLinux OSに対応したインシデント(回数)単位での技術サポート「Linuxインシデントサポート」の提供を、開始した。

 「Linuxインシデントサポート」は、同社の製品「MIRACLE LINUX(Asianux)」に加え、フリーの「CentOS」、レッドハット社の「Red Hat Enterprise Linux」を対象とした技術サポートで、サポート回数は1/3/10回から必要に応じて選択できる。複数のLinux OSに関する技術サポートを包括的に提供し、ユーザの負荷軽減を図る。同サポートでは、「Red Hat Enterprise Linux 2.1」など、提供が終了した古いバージョンもサポート対象となる。

 サービスの一環として、日本アイ・ビー・エム株式会社の協力のもと、IBMのx86サーバ「IBM System x」とブレードサーバ「IBM BladeCenter」上でのCentOSの動作検証を、日本IBMの検証施設「Linux Center of Competency(Linux CoC)」を活用して行なう。検証項目は、インストールテスト/動作テスト/負荷テストなど、MIRACLE LINUX(Asianux)と共通で、検証結果はミラクル・リナックスのサイトで随時公開される予定。また、他メーカのサーバに関しては、稼働確認後に順次追加していく予定。

 「Standard」と「Platinum」の2レベルが用意されており、「Standard」では導入方法や設定、操作方法、ログ解析による障害調査が、「Platinum」ではダンプ解析、ソースコード調査、修正パッチ作成支援による障害調査がサポートされる。なお価格は、「Standard」の1インシデントが10万円、3インシデントが20万円、10インシデントが50万円で、「Platinum」は1インシデントのみで60万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026510


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ