日本IBM、1本のケーブルでイーサとFCに接続できるスイッチを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、1本のケーブルでイーサとFCに接続できるスイッチを出荷


掲載日:2009/07/15


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、ブレードサーバ「IBM BladeCenter」が、インターネットなどのネットワークとストレージのネットワークの両方に、1本のケーブルでデータを転送するための通信装置(スイッチ)「BNT 10ポート 10Gb イーサネット・スイッチ・モジュール for IBM BladeCenter」を、出荷した。価格は、165万9000円(税込)となっている。

 「BNT 10ポート 10Gb イーサネット・スイッチ・モジュール for IBM BladeCenter」は、イーサネットの規格で定められた長さに分割した転送データのパケット内にファイバチャネル(FC)の信号を一体化させ、FCプロトコルで通信する技術“Fiber Channel over Converged Enhanced Ethernet(FCoCEE)”を備えた通信装置。同製品をブレードシャーシに搭載し、ブレードサーバと接続することで、1本のイーサネットケーブルで、インターネットへのデータ転送とストレージへのデータ転送を同時に行なうことができる。

 データ転送速度は10Gbpsで、「IBM BladeCenter H」のシャーシに同製品を4個搭載した場合、1.92Tbpsと従来製品に比べ約9%増の速度で通信することができる。外部接続性能は、外部接続ポート数が従来の6本から10本に増加しており、通信速度は約1.7倍の100Gbpsとなる。また、物理的に1本のケーブルと1個のアダプタで複数のネットワークに接続できるため、ケーブルやアダプタの数を削減でき、システムの消費電力を削減できるほか、保守や管理も容易に行なうことができる。なお、ストレージネットワークのようなFC環境と接続する場合には、接続先で“FCoCEE”とFCプロトコルを変換するための変換装置(ゲートウェイ機能を備えたスイッチ)を接続し、分岐させる必要がある。


出荷日・発売日 2009年7月15日 出荷
価格 165万9000円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026332


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ