NTT Com、無線LANとFOMAハイスピードを利用できるプランを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、無線LANとFOMAハイスピードを利用できるプランを提供


掲載日:2009/07/14


News

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、無線LANサービス「ホットスポット」で、無線LANに加え株式会社NTTドコモのデータ通信サービス「FOMAハイスピード」を使用してインターネットに接続できる法人向けプラン「ホットスポット・ビジネス3G」の申し込み受け付けを、開始した。9月1日から利用可能となる予定。

 「ホットスポット・ビジネス3G」では、無線LAN(802.11a/b/g)と、「FOMAハイスピード」による無線インターネット接続「3Gインターネット接続オプション」を利用することができる。無線LANは「ホットスポット」のサービスエリアと国内/海外のローミングエリアで利用でき、海外ローミングエリアでの利用には別途従量料金が必要となる。「3Gインターネット接続オプション」では、下り最大7.2Mbps(理論値)の無線通信を利用でき、インターネットVPNを中心にWebやメッセージングサービスなどに対応する。また、無線LANと「3Gインターネット接続オプション」の両部分を、1つのアカウントセット(ログインIDとパスワード)で共通に利用することができる。なお、「3Gインターネット接続オプション」用のデータカードは同社指定データカードの買い取りとなる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 ケーブル型アンテナを使用した無線LAN 過酷な条件下でも安定 【東芝テック】 6ステップで導入、コントローラー内蔵アクセスポイントで無線LANはどう変わる? 【ソフトバンク コマース&サービス】 無線LAN構築のインテグレーターに提供するディストリビューター 【ソフトバンク コマース&サービス株式会社】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。 クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
トンネル内でも無線LANが使えるのはなぜ? 驚きの技術の正体とは 6ステップで導入、コントローラー内蔵アクセスポイントで無線LANはどう変わる? スモールスタートから始めるHPE Arubaの企業無線LAN導入ストーリー

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026329


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ