コアマイクロシステムズ、様々なサーバを保護するCDP機器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コアマイクロシステムズ、様々なサーバを保護するCDP機器を発売


掲載日:2009/07/14


News

 コアマイクロシステムズ株式会社は、Windows/UNIX/Linuxサーバを保護するCDP(継続的データ保護)アプライアンス「Server SAFE」を、発売した。

 「Server SAFE」は、ファルコンストア・ジャパン株式会社のOEM製品をヒューレット・パッカード社製サーバに搭載したCDPアプライアンス。保護対象のWindowsサーバにエージェント(代理ソフト)「DiskSafe」/「NSS Client」をインストールすることでシステムとデータを保護できるほか、保護対象のLinux/Solaris/HP-UX/AIXサーバやVMwareプラットフォームに「NSS Client」をインストールすることでデータを保護することができる。「DiskSafe」によるLinuxのシステム保護への対応も計画されている。

 ラインアップとして、管理ストレージ容量が2/3/4TBで接続コネクション数/世代数が4〜255の「Server SAFE Entry」と、同じく4/8TBで255の「Server SAFE Pro」、同じく6TBからで255の「Server SAFE Enterprise」が用意されている。


出荷日・発売日 2009年7月10日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

保守対応の約9割をカバー、急成長ビジネスが選んだ仮想デスクトップ基盤 【日本ヒューレット・パッカード】 障害から迅速な業務復旧が求められる医療基盤で復旧ポイントを15分前へ大幅短縮 【日本ヒューレット・パッカード】 今さら聞けない「フラッシュストレージ」 基礎知識から活用法まで解説 【ネットアップ】 数十万人に映像配信するサービス基盤、その安定稼働を支えるストレージとは 【日本ヒューレット・パッカード】 リアルタイムデータに基づく意思決定と製品力向上を支えるストレージ基盤とは 【日本アイ・ビー・エム】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
保守対応の約9割をカバー、急成長ビジネスが選んだ仮想デスクトップ基盤 障害から迅速な業務復旧が求められる医療基盤で復旧ポイントを15分前へ大幅短縮 今さら聞けない「フラッシュストレージ」 基礎知識から活用法まで解説 数十万人に映像配信するサービス基盤、その安定稼働を支えるストレージとは リアルタイムデータに基づく意思決定と製品力向上を支えるストレージ基盤とは

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026326


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ