リコー、データセンタ向けの基幹系業務用モノクロプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、データセンタ向けの基幹系業務用モノクロプリンタを発売


掲載日:2009/07/14


News

 株式会社リコーは、データセンタ市場向けに、基幹系業務用モノクロプリンタ「RICOH Pro 1357」シリーズ/「1107」シリーズの2シリーズ4モデルを、発売した。

 今回発売されたのは、連続印刷速度が毎分135枚の「RICOH Pro 1357」と、毎分110枚(いずれもA4ヨコ)の「RICOH Pro 1107」、それぞれにカウンタ方式の保守システム“M-PaC保守”が付属する「RICOH Pro 1357M」/「RICOH Pro 1107M」の2シリーズ4モデル。

 プリンタ用とシステム制御用の2つのCPUを搭載したことで、大量データも迅速に処理でき、業務集中時にも優れた生産性を維持することができる。1枚目を印刷するまでの時間は、「1357」シリーズが4.3秒以下、「1107」シリーズが5.0秒以下(いずれもA4ヨコ)を達成している。また、1平方メートルあたり40gの薄紙から同300gの厚紙に対応し、コート紙/ラベル紙/ノンカーボン紙/圧着紙など様々な用紙へ出力できるほか、用紙のカールを低減する“デカーラユニット”を標準搭載している。

 超音波による用紙の重送検知機構を採用し、印刷後の検品作業の負荷を軽減することができる。現像剤の攪拌性を向上させた現像ユニットに加え、濃度調整制御技術を採用しており、月末などのピーク時でも、安定的に品質に優れた画像を出力することができる。また、排紙オプション内での紙詰まり発生時には、本体内部に残る用紙を“パージトレイ”に一括排紙でき、ダウンタイムを短縮することができる。耐久性にも優れ、月間最大約100万ページ、製品寿命までに約6000万ページを印刷することができる。

 印刷後の紙処理を行なうオプションが用意されており、「リコー 2500枚フィニッシャー SR5020GH」を装着することで印刷後の丁合から4ポジションのステープルや中綴じステープルを、「リコー トリマー TR5020GH」により中綴じステープル後の小口裁断を行なうことができる。また、印刷した用紙を5000枚収容でき、2台連結できる「リコー 5000枚スタッカー SK5010GH」により最大1万枚の用紙を収容できるほか、給紙オプション「リコー A3LCT RT5040GH」が最大4000枚(A3)、「リコー A4LCT RT5030GH」が最大5000枚(A4)の給紙に対応する。

 スタッカーとLCT(大量給紙トレイ)を施錠できるため、機密性の高い業務管理に対応できるほか、オプションのセキュリティカードによりHDD内の残存データやユーザデータを消去することができる。


出荷日・発売日 2009年7月14日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026324


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ