採用:日立のシンクライアントシステムを損保ジャパンが採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:日立のシンクライアントシステムを損保ジャパンが採用


掲載日:2009/07/14


News

 株式会社日立製作所は、同社のシンクライアントソリューション「セキュアクライアントソリューション 統合型」が、株式会社損害保険ジャパン(損保ジャパン)のグローバル開発拠点でのシンクライアントシステムとして採用され、本格稼働を開始したと、発表した。

 今回本格稼働したのは、損保ジャパンの保険システムなどを開発している中国・大連のシステム開発センタや国内開発拠点のシンクライアントシステム(ブレードPC合計約600台)。クライアントPCを集約するセンタ環境へのアクセスを円滑化できるシトリックス・システムズ・ジャパン株式会社のデスクトップ仮想化ソフト「Citrix XenDesktop」と、クライアントPCと同等の性能を備えシステムの開発用途に適しているブレードPCを組み合わせたシンクライアントソリューションを持つ点や、信頼性に優れたサポート体制を持つ点などが評価され、採用された。

 今回のシステムでは、「セキュアクライアントソリューション 統合型」で提供するブレードPC「FLORA bd100」と、デスクトップ型のシンクライアント端末「セキュリティPC FLORA Se330」を活用している。開発者のシンクライアント端末からブレードPCへの接続が管理サーバで一元的に管理されるため、1つのシンクライアント端末でホストサーバ環境とブレードPC環境を自由に切り替え、開発業務を行なうことができる。また、専用ソフトを多く使用し高度な開発を行なう開発者には、その開発者専用のブレードPCを使用する“静的割当”を、一般開発を行なう開発者には、使用時に自分のデータをサーバから読み込んでブレードPCを使用する“動的割当”を行なうことができるなど、業務や利用形態に応じてブレードPCの利用方法を選択することができる。これにより、ブレードPCのリソースを共有化するなど導入コストを削減できるほか、開発者の異動など入れ替わりが行なわれる際も柔軟に対応することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シンクライアント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

「シンクライアント」関連の製品

HP Moonshot HDI シンクライアントソリューション 【アクシオ】 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由 【パラレルス】
シンクライアント シンクライアント
HDI(Hosted Desktop Infrastructure)は、継続したパフォーマンスを提供できるハードウェア占有型のシンクライアントソリューション。ネットワーク分離用途にも適用可能。 川口信用金庫が400台のPCをシンクライアントに移行した理由

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026323


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ