日本オラクルと富士通BSC、BIの有効活用を支援するサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクルと富士通BSC、BIの有効活用を支援するサービス提供


掲載日:2009/07/14


News

 日本オラクル株式会社と株式会社富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は、オラクルのBIシステムの導入を検討している企業向けに、情報活用のコンセプトやプロトタイプの構築を支援するサービス「情報活用アセスメントサービス on ORACLE」の提供を、開始した。

 「情報活用アセスメントサービス on ORACLE」は、オラクルの分析フレームワークをもとに、富士通BSCのノウハウを融合して共同開発されたアセスメントサービス。業務で情報活用を行なう際の問題分析と解決指針の明確化、更に実際の利用イメージの検証までを提供する。「情報活用コンセプト構築支援サービス」/「情報活用プロトタイプ構築支援サービス」/「情報活用勉強会」が用意されており、原則として無償で提供されるが、「情報活用プロトタイプ構築支援サービス」では内容により有償となる場合がある。

 「情報活用コンセプト構築支援サービス」では、管理指標の設定基準や影響範囲を明確化する“5W1H1T(Who/Why/What/When/Where/How/Target)”や、各種の管理指標を俯瞰的に整理する“指標ツリー”などをベースとしたフレームワークに基づき、ユーザとのディスカッションの中から仮説検証シナリオを導いていく。ユーザは無償で、業務改善に必要な情報活用の指針を得ることができる。

 「情報活用プロトタイプ構築支援サービス」では、本格的な導入を決定する前に、ユーザのビジネスに有効なプロトタイプシステムの構築/提案を可視化する。「情報活用勉強会」では、BIによる情報活用を行なうための、データ分析手法や、情報活用による効果を明確化するKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)の考え方などについてセミナー形式で情報を提供する。また、オラクルのBI製品活用ノウハウなどについても要望に合わせて情報を提供する。

 なお、実構築段階でのSIサービスでは、富士通BSCが、オラクルの持つ業種/業務ごとのノウハウや各種テンプレートを活用し、「情報活用アセスメントサービス」での検討結果に沿って迅速なシステム構築を行なう(有償)。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 情シスが資料作りに膨大な工数を使う苦境を劇的に改善した方法 注目事例★BI導入で日次・週次レポーティングの「自動化」に成功 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026322


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ