日本オラクルと富士通BSC、BIの有効活用を支援するサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクルと富士通BSC、BIの有効活用を支援するサービス提供


掲載日:2009/07/14


News

 日本オラクル株式会社と株式会社富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は、オラクルのBIシステムの導入を検討している企業向けに、情報活用のコンセプトやプロトタイプの構築を支援するサービス「情報活用アセスメントサービス on ORACLE」の提供を、開始した。

 「情報活用アセスメントサービス on ORACLE」は、オラクルの分析フレームワークをもとに、富士通BSCのノウハウを融合して共同開発されたアセスメントサービス。業務で情報活用を行なう際の問題分析と解決指針の明確化、更に実際の利用イメージの検証までを提供する。「情報活用コンセプト構築支援サービス」/「情報活用プロトタイプ構築支援サービス」/「情報活用勉強会」が用意されており、原則として無償で提供されるが、「情報活用プロトタイプ構築支援サービス」では内容により有償となる場合がある。

 「情報活用コンセプト構築支援サービス」では、管理指標の設定基準や影響範囲を明確化する“5W1H1T(Who/Why/What/When/Where/How/Target)”や、各種の管理指標を俯瞰的に整理する“指標ツリー”などをベースとしたフレームワークに基づき、ユーザとのディスカッションの中から仮説検証シナリオを導いていく。ユーザは無償で、業務改善に必要な情報活用の指針を得ることができる。

 「情報活用プロトタイプ構築支援サービス」では、本格的な導入を決定する前に、ユーザのビジネスに有効なプロトタイプシステムの構築/提案を可視化する。「情報活用勉強会」では、BIによる情報活用を行なうための、データ分析手法や、情報活用による効果を明確化するKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)の考え方などについてセミナー形式で情報を提供する。また、オラクルのBI製品活用ノウハウなどについても要望に合わせて情報を提供する。

 なお、実構築段階でのSIサービスでは、富士通BSCが、オラクルの持つ業種/業務ごとのノウハウや各種テンプレートを活用し、「情報活用アセスメントサービス」での検討結果に沿って迅速なシステム構築を行なう(有償)。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 MotionBoard 【ウイングアーク1st】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 “かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 従来のBIツールが思ったほど導入が進んでいない理由とは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026322


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ