ぷらっとホーム、VMware vSphere 4を採用したシステム構築を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ぷらっとホーム、VMware vSphere 4を採用したシステム構築を提供


掲載日:2009/07/13


News

 ぷらっとホーム株式会社は、企業や研究機関などのITインフラへ仮想化環境を迅速/円滑に導入できるシステム構築サービス「仮想化ソリューションパッケージ」の提供を、開始した。

 「仮想化ソリューションパッケージ」では、サーバ/ストレージ/ネットワークから構成された大規模なインフラストラクチャを動的/柔軟/シームレスに統合管理するVMware社のクラウドOS「VMware vSphere 4」を仮想化ソフトウェアとして採用している。仮想化用サーバには、データセンタでのクラウドコンピューティング運用を想定した、インテルのサーバボード「S5500WB」を搭載した1u(高さ44.45mm)のサーバ「CloudStation E」を採用している。

 基本的な構成としては、仮想化用サーバとして「CloudStation E」3台と、仮想化環境管理用サーバとしてXeonプロセッサ5500番台を搭載した1uのサーバ「TRQX-1/55SA」1台を採用している。求める機能に合わせて「VMware vSphere 4」のライセンスパッケージが異なる3つのプランが用意されており、各プランをベースとして、構成の追加や変更を行なうこともできる。

 「VMwareエントリーパッケージ」は、小規模企業向けの「VMware vSphere 4 Essentials」を採用した廉価なプラン。サーバ台数の追加は不可となっているが、ハイアベイラビリティ機能やデータリカバリといった機能を備えた仮想化環境を迅速に導入することができる。

 「VMwareスタンダードパッケージ」は、中規模企業/エンタープライズ向けの「VMware vSphere 4 Standard」を採用し、サーバ台数の増設も可能なプラン。ハイアベイラビリティ機能に加え、“Thin Provisioning”機能を搭載し物理ストレージ容量を超えた仮想ストレージ領域を設定できシステムの可動域を拡大することができる。

 「VMware エンタープライズパッケージ」は、大規模データセンタに適したプラン。「vSphere」の全機能を備えた「VMware vSphere 4 Enterprise plus」を採用し、可用性やシステムの効率、運用/管理を向上させる様々な機能を備えているほか、サーバ台数をより多く構成することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026317


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ