SPI、タイムレコーダから打刻データを収集するソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SPI、タイムレコーダから打刻データを収集するソフトを発売


掲載日:2009/07/08


News

 セイコープレシジョン株式会社(SPI)は、紙カード式タイムレコーダの勤怠打刻データを、USBメモリ経由で勤怠管理ソフトウェアで読み込める形式に収集するソフトウェア「USBgather」を、発売した。価格は、10万5000円(税込)となっている。

 「USBgather」は、勤怠ソフト付きタイムレコーダ「EST-7550」の紙カード式タイムレコーダ「QR-7550」からUSBメモリを使用して取り出した勤怠打刻データを、様々な勤怠ソフトウェアで使用できるように収集するためのソフトウェア。USBメモリ経由で取り出す勤怠データのファイルフォーマットは、同社製システムタイムレコーダ「TE」シリーズに対応したフォーマットに加え、株式会社オービックビジネスコンサルタントの就業管理システム「就業奉行」上で使用できるフォーマットで出力することもできる。

 紙カード式タイムレコーダを利用できるため、タイムカードで即座に打刻データを確認することができる。USBメモリで打刻データを取り出すため、ネットワークに未接続の場合でも、USBメモリごと搬送することや、USBメモリ内のデータをPCに取り込みメールで送信することで、本部で一元管理することができる。また、ネットワークに接続されている場合は、USBメモリ内のデータを本部の指定フォルダに直接書き込むこともできる。本部では、各地から送られてきたデータを、同ソフトウェアにより勤怠管理ソフトウェアで使用できる形式で収集することができる。

 これにより、磁気カード/ICカード式のネットワーク型システムタイムレコーダ「TE」シリーズと、ネットワークがない場所や、労働時間を気にするパート/アルバイトなどに適した紙カード式のタイムレコーダ「QR-7550」を混在して使用することができる。


出荷日・発売日 2009年7月8日 発売
価格 10万5000円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

SaaS型 労務管理システム 「Daim(大夢)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 CC-BizMate 【クロスキャット】 クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】 Mobile Perfect SP 勤怠管理サービス 【ソフトバンク コマース&サービス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
勤怠から給与振込までワンストップのオールインワン労務管理。さまざまな条件における給与計算機能を搭載。サーバも不要で、インターネット環境があればすぐに利用できる。 職場から長時間労働をなくすには? 助成金を活用した勤怠管理のススメ 全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。 気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型勤怠管理サービス。ほかにもさまざまなサービスをそろえ、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026286


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ