APCジャパン、データセンタ熱分布アセスメントサービス等を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


APCジャパン、データセンタ熱分布アセスメントサービス等を提供


掲載日:2009/07/08


News

 株式会社エーピーシー・ジャパンは、データセンタやサーバルームの環境/管理/運用を最適化するアセスメント(評価)サービスで、「データセンタ熱分布アセスメント」など3つのメニューを拡充し、提供を開始した。

 同社のアセスメントサービスは、データセンタやサーバルームの省電力化やグリーン化への対応、エネルギーの高効率化のための現状調査と分析を行ない、データセンタのアセスメントや推奨事項を含めた報告書の作成/提出などのコンサルテーションを通じて適切な環境/管理/運用を支援するサービス。APC製品を未利用のユーザも利用でき、IT機器ベンダに対して中立的な立場でデータセンタの電源/空調/熱分布などを評価する。

 今回拡充されたのは、「データセンタ熱分布アセスメント」/「ワイヤリングクローゼットアセスメント」/「サーマルスキャン・ライト」の3つ。「データセンタ熱分布アセスメント」では、デジタル赤外線サーモグラフィを使用して、主幹ブレーカ/変圧器/断路器/UPS/分電盤/配電盤の温度を測定し、業界標準のガイドラインや基準を越えるホットスポット(熱だまり)などの問題を分析し、赤外線写真を含むレポートを作成/提出する。また、高温が確認された配電線の電流値の計測や、機器の設置状態や配電線ラベルなどの目視検査、電気系インフラの保守記録の確認などを行ない、改善策を提案する。

 「ワイヤリングクローゼットアセスメント」では、ネットワーク機器やネットワークラックを設置するために設計された部屋“ワイヤリングクローゼット”内の、配線や機器を接続する配線装置の配置を分析/評価し、可用性を向上させるために問題の解決策や推奨事項を提案する。配電の目視検査や、UPSの状態/バッテリ構成/接続状況の記録、電源効率の把握、室内温度レベルの記録、ラック気流などの送風効率の解析なども行なわれる。

 「サーマルスキャン・ライト」は、「データセンタ熱分布アセスメント」から測定個所を削減し、事前説明会を省略してパッケージ化し、廉価にしたメニュー。デジタル赤外線サーモグラフィを使用して配電盤やラック単体ごとの温度を測定し、問題点の指摘や分析結果を含むレポートを作成/提出する。また、目視検査を通じてブレーカなどの損傷状況を確認し、一覧表を作成する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他仮想化関連」関連の製品

アプリケーション仮想化ツール Spoon 【双日システムズ】
その他仮想化関連
アプリケーションを改修することなくOSの移行やIEのサポート切れに低コストで対応できるアプリケーション仮想化ソリューション。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026284


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ