イーシステムとシャノン、名刺/セミナーの両管理サービスを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イーシステムとシャノン、名刺/セミナーの両管理サービスを連携


掲載日:2009/07/08


News

 イーシステム株式会社と株式会社シャノンは、イーシステムの名刺管理サービス「アルテマブルー」と、シャノンのセミナー管理サービス「スマートセミナー」を連携させ、提供する。

 「アルテマブルー」は、名刺を専用スキャナでスキャンすることで名刺情報をデジタル化でき、PCや携帯電話から自分の名刺を検索することや、社内で共有することができる、SaaS(Software as a Service)型サービス。「スマートセミナー」は、セミナー運営管理/顧客DB/メール配信/アンケート取得/CMS(コンテンツ管理システム)の機能を統合したSaaS型マーケティングアプリケーションで、セミナー申し込みフォーム作成や受講票送信、当日の受付作業の効率化、DB管理、セミナー資料ダウンロードなどでセミナー開催の運営フローを効率化することができる。今回の連携により、両サービスを利用するユーザは、蓄積された名刺データを使用した集客や、セミナーへの申し込み管理とセミナー運営、セミナー後のフォロー営業、といった業務プロセスを統合的に管理することができる。

 「アルテマブルー」により、過去の名刺データから対象者を抽出して一斉メール配信を行なうことができる。メール受信者はメールに記載されたURLをクリックすることでセミナーの案内ページに誘導され、そのまま申し込みフォームから登録することができる。「スマートセミナー」は、申し込み者へのフォローメール配信や、申し込み者DBによる申し込み者への案内状送付の進捗管理や出欠管理などの機能を備えており、申し込み者情報や履歴、運営に関する様々な情報を一元管理することができる。

 セミナー後には、参加者から収集した名刺を「アルテマブルー」のスキャナで読み取ることで、翌営業日には名刺情報がデジタル化され「アルテマブルー」上から利用可能となる。また、アポイント後の打ち合わせや商談などの営業活動も「アルテマブルー」で管理することができる。活動を登録することで、セミナー参加者に対し“いつ、だれが、どういう人と会ってどのような商談を行なったか”といった内容を履歴として管理することができる。日報や週報としてマネージャが部下の活動をチェックできるほか、営業の進捗状況や見込み度、セミナー別の受注数を集計してセミナーの効果を分析することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】
CRM CRM CRM CRM CRM
セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 クレームをチャンスに変える! 攻めの顧客対応で売上アップする方法 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026279


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ