OKI、「仮想化基盤導入トータルサービス」を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OKI、「仮想化基盤導入トータルサービス」を提供


掲載日:2009/07/06


News

 沖電気工業株式会社は、ユーザの適用領域に適した仮想化基盤を一括提供する「仮想化基盤導入トータルサービス」の提供を、開始した。価格は、個別見積となっている。

 「仮想化基盤導入トータルサービス」では、仮想化基盤導入の流れを“プランニング”/“インテグレーション”/“運用支援”の3つのフェーズに大別し、各フェーズでユーザの課題解決に適合するシステムのあり方や導入計画の妥当性、発生しうるリスクと対応策などを、システム基盤エンジニアリングチームがユーザとともに検証/判定しながら、仮想化基盤を提供する。

 “プランニング”では、ユーザの適用領域システムの実環境でツールを利用した実地調査を行ない、利用状況の詳細ヒアリングに基づいて、要件定義や適合性判定、フィジビリティスタディ(実現可能性の調査)、キャパシティプランニング、適用領域に適した仮想化基盤を構成する製品群の選択、仮想化基盤の基本設計、実施計画の作成までを支援する。

 “インテグレーション”では、“プランニング”の成果に基づいて、仮想化基盤を構成する製品群の詳細設計と、同社のx86サーバ「if Server」シリーズなどのハードウェアやVMware社の仮想化ソフトウェア「VMware」などのソフトウェアを提供するほか、インテグレーションを行ない、仮想化基盤を構築する。また、構築した仮想化基盤に、既存システムを仮想マシンとして移行させる。必要に応じて、仮想化基盤に新たな仮想マシンの追加も行なう。“運用支援”では、仮想化基盤上に移行したシステムの運用計画作成を支援するほか、同社が提供したハードウェア/ソフトウェアのサポートサービスを提供する。

 これらにより、仮想化基盤上に既存サーバを集約/統合してサーバリソースの効率的活用などを図るソリューションや、既にサポートが終了した旧OS上のアプリケーションを新しいハードウェアで動作させることができるソリューションを提供することができる。また、仮想化基盤上に開発/検証環境を集約することで開発用サーバリソースを有効活用するソリューションを提供することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026258


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ