日本セパレートシステムなど、タイムレコーダと勤怠管理を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本セパレートシステムなど、タイムレコーダと勤怠管理を連携


掲載日:2009/07/02


News

 株式会社日本セパレートシステムは、同社のタイムレコーダシステム「HandTime V2.1」と、株式会社マインドが提唱したオープンソースの勤怠管理システム「MosP 勤怠管理V3.1.0」を連携させ、発売した。

 「HandTime V2.1」は、手のひら静脈認証を採用したタイムレコーダシステム。他の生体認証による認証方式に比べ読み取り率に優れている。また、同一人物の二重採用や、採用後の他人へのなりすましといった不正を防止する機能が提供されるため、主にアルバイト/パート社員を多く採用している企業に適している。サーバインストール版/ASP版が用意されている。

 「MosP」は、Javaで開発したWebシステムをオープンソースで提供する人事給与/勤怠管理システム。「MosP勤怠管理 V3.1.0」では、SaaS(Software as a Service)基盤に対応するために、1サーバで5000人の利用に対応するパフォーマンス強化を行なったほか、ユーザ管理が強化されている。カスタマイズせずに無料で使用する方法と、カスタマイズライセンスを購入し、カスタマイズして使用する方法が用意されている。


出荷日・発売日 2009年7月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 勤怠管理システムはどれを選ぶべき? 機能と価格を徹底比較 【Donuts】 勤怠・シフトを一元管理、多機能ツールでコストを一気に削減 【Donuts】 勤怠管理は必要な機能だけ導入――在宅勤務対応から生体認証まで 【日本アクセス】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
2年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2016年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 勤怠管理システムはどれを選ぶべき? シフト対応製品の機能と価格を徹底比較 勤怠・シフトを一元管理、多機能ツールでコストの無駄を一気に削減 勤怠管理は必要な機能だけ導入――低コストで在宅勤務対応から生体認証まで ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026237


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ