日立ソフト、製造業向けに原価企画活動を支援するパッケージ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、製造業向けに原価企画活動を支援するパッケージ発売


掲載日:2009/07/01


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、製造業向けに、“データ共有およびデータ精度の向上”/“コストシミュレーション”/“過去データや知見の活用”などにより原価企画活動を支援する原価企画パッケージ「CostProducer」の提供を、開始した。

 「CostProducer」は、各企業の運用に合わせて柔軟に対応が可能なテンプレートとして提供される。コストテーブルや計算式をDB化し、最大公約数部分を“ベーステンプレート”とし、ユーザ固有の仕様はカスタマイズまたはアドオンでの開発を前提とすることで、迅速にユーザに適したシステムを構築することができる。また、量産型や受注設計生産型の製造業での、企画/引合/受注から設計/量産準備/試作、量産/打ち切りまでの原価設定/低減活動(原価の造り込みの活動)といった“原価企画”を支援する様々な機能が提供される。

 “原価企画活動履歴管理”では、製品ごとの原価低減活動の進捗状況をリアルタイムに把握できるほか、改善の履歴や結果を、部門ごと/活動単位(デザインレビュー)ごとに参照することができる。“目標原価設定”では、市場価格や利益試算結果を基に製品の目標原価を設定する。目標原価を達成するための原価改善目標を、機能ユニット/工程/費目ごとに設定することもできる。

 製品を構成する部品構成を登録し、材料費/加工費/間接費を、各種コストテーブルと計算式を基にシミュレーションでき、例えば、ある部品を内製した場合と外注した場合の原価や設備稼働率の違いを迅速に比較検討することができる。実際の原価DBからの参照(最新購買単価の適用)や類似部品の検索、類似製品からの部品構成流用などの機能を利用することもできる。また、生産量や販売価格と実力原価(その時点での見積り原価)から、利益計画や売価のシミュレーションを行なうこともできる。更に、材料単価/労務費単価などのコストテーブルや、作業標準時間などの基礎情報を登録/変更することもできる。

 なお同社は、株式会社図研と協力し、図研のPLM(Product Lifecycle Management)製品と「CostProducer」を連携させることで、企画/構想設計段階からの正確/迅速な原価見積りや原価造り込みといったニーズに対応し、製品開発の全体最適化を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PLM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PLM」関連情報をランダムに表示しています。

「PLM」関連の製品

PLMソリューション「Obbligato III」 【NEC】 PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」 【コア】
PLM PLM
さまざまな技術情報を統合管理し、グローバル開発における製品情報共有基盤を構築。
電機・機械を始め幅広い業種の企業で採用されている国内トップシェアのPLM製品。
BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026225


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ