EPSON、学校向けに書画カメラ付きプロジェクタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、学校向けに書画カメラ付きプロジェクタを発売


掲載日:2009/06/30


News

 エプソン販売株式会社は、学校向けに、書画カメラ(実物投映機)付きプロジェクタ「EB-825VP」を、発売した。また、プロジェクタと書画カメラをそれぞれ「EB-825」/「ELPDC06」として単体で発売した。

 「EB-825VP」は、カラーコンテンツ投写時3000ルーメンの明るさと10Wスピーカーを備えたプロジェクタ「EB-825」に書画カメラ「ELPDC06」が付いたモデル。プロジェクタ本体と書画カメラの接続は付属のUSBケーブル1本で容易に接続でき、書画カメラの電源もプロジェクタ本体から供給できるため、配線を簡素化することができる。PC不要で実物投映を容易に行なうことができるため、機器の操作に不慣れなユーザでも使用することができる。

 「EB-825」は、解像度XGA(1024×768ドット)のプロジェクタ。USBケーブルで接続することで、PCの画面の出力設定を行なわずに投写を開始できる“USBディスプレー”機能を備えている。使用後にはクールダウンが不要で、電源オフボタンを押さずに電源コードを抜くことができる“ダイレクトシャットダウン”機能を備えており、直ちに片づけることができる。操作パネルや端子部、リモコンには日本語表記を採用している。また、デジタルカメラやUSBストレージをPCを介さずにプロジェクタ本体に直接接続することができる。これにより、画像データ(データ形式はJPEGのみ)をスライドショーとして投写することができる。

 「ELPDC06」は、折りたたみ可能で重さ0.9kgと軽量な書画カメラ。画像は最大B4サイズ相当まで取り込むことができる。「EB-825」以外のプロジェクタを使用する際には、付属のソフトウェアを使用することで、書画カメラで撮影している画像をPC経由で大画面に映し出すことができる。更に、PCの画面上の、書画カメラで撮影している画像は、写真や動画としてPCに保存することができる。

 カメラ部分には200万画素のカメラを搭載し、立体物や細かい数字が並んだ資料なども鮮明に投映することができる。更に、オートフォーカス機能と4倍デジタルズーム機能により、ピント合わせを容易に行なうことができ、強調したい部分を拡大することができる。また、LED(発光ダイオード)照明を標準装備しているため、暗い部屋の中でも資料の位置決めなどの手間を軽減することができる。なお価格は、「EB-825VP」が26万8000円、「EB-825」が22万8000円、「ELPDC06」が5万3000円となっている。


出荷日・発売日 2009年6月30日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026206


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ