レノボ、薄型化/軽量化されたノートPCを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、薄型化/軽量化されたノートPCを出荷


掲載日:2009/06/26


News

 レノボ・ジャパン株式会社は、ノートPC「ThinkPad T」シリーズで、薄型化/軽量化された「ThinkPad T400s」を、出荷した。

 「ThinkPad T400s」は、幅337mm×奥行き241mm×高さ21.1〜25.9mm/重さ約1.79kg(バッテリパックを含む平均値)と薄型/軽量のノートPC。トップカバーに、自転車のフレームにも使用されているCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用し、軽量ながら堅牢性を備えている。

 LED(発光ダイオード)バックライト付きの14.1インチWXGA+(1440×900ドット)TFT液晶や、Core 2 DuoプロセッサSP9400(通常電圧版)と内蔵グラフィックスを搭載しているほか、最大250GBのHDDと最大128GBのSSD(Solid State Drive:フラッシュメモリを用いたドライブ)を装備することができる。また、厚さ9.5mmのDVDスーパーマルチドライブまたはBlu-rayドライブが用意されているほか、幅34mmのExpress Cardスロットまたは5-in-1マルチメディアカードリーダを搭載することができる。標準の6セルバッテリオプションのベイバッテリ使用時の使用時間は最長11時間を達成している。

 キーボード設計が改良されており、使用頻度が高い“Delete”キーと“Escape”キーの面積を拡大したほか、キーとキーの隙間を狭くしたことで、食べかすやほこりなどの侵入防止が可能となった。タッチパッドも改良され、表面のパームレストとは感触が異なる材料を使用したことで、薄さの確保を可能としたほか、平面上でも利用者がタッチパッドの位置を認識可能となった。更に、タッチパッドに装備されている“マルチタッチ・テクノロジー”により、ドキュメントのスクロールや移動、ズームを容易に行なうことができる。

 7月には、WiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access:無線通信技術の規格)通信モジュール搭載モデルも発売される予定で、搭載モデルでは、接続管理ユーティリティ「Access Connections」により自動的にWiMAX基地局を検出し、サービスの選択やユーザ登録を行なうことができる。また、トップカバーをGFRP(ガラス繊維強化プラスチック)とCFRPのハイブリッド構造とすることで強度を確保しながらアンテナ性能を高め、WiMAX/Wi-Fiのいずれでも優れた無線通信のパフォーマンスを達成している。


出荷日・発売日 2009年6月24日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026182


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ