クライム、VMwareに対応したバックアップ製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クライム、VMwareに対応したバックアップ製品を発売


掲載日:2009/06/24


News

 株式会社クライムは、米Veeam Softwareの、VMwareに対応したバックアップ製品「Veeam Backup & Replication for VMware」を、発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「Veeam Backup & Replication for VMware」は、VMware ESX serverに対応したバックアップとレプリケーション(複製)を組み合わせたエンタープライズレベルの単一のソリューション。VMwareに対する迅速なリカバリを容易に行なうことができ、バックアップとリカバリを1つのインターフェースで提供する。

 ハードウェアとソフトウェア障害の両方から仮想マシンを保護するためにバックアップとレプリケーションの2つを統合したソリューションを提供する。両方のバックアップテクノロジーはオプションとして、バックアップに適した形でのスナップショット機能を提供するVMware Consolidated Backup(VCB)フレームワークを使用でき、ESXサーバの負荷を削減でき、迅速なバックアップを可能とする。各仮想マシンに適したオプションを選択し、すべてを同製品で管理することができる。また、VCBがない場合でもESXのバックアップに対応する。

 ファイルレベルのリカバリ機能を使用することで、イメージレベルのバックアップから個々のファイルをリストアでき、全体的なVM(仮想マシン)のイメージ抽出が不要で、ローカルなドライブに迅速に複製することができる。また、個別のファイルを最新状態で指定した場所/時間で抽出することができる。これにより、ファイルレベルとイメージレベルの両方のリカバリを準備するためにデータを2度バックアップすることが不要となる。ファイルレベルのリカバリはWindows/Linux/BSD/Mac OSなどのファイルシステムに対応している。


出荷日・発売日 2009年6月23日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Arcserve Unified Data Protection 【Arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは? アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026164


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ