IDSシェアー、SAPとの連携を強化したBPM製品群の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IDSシェアー、SAPとの連携を強化したBPM製品群の新版を発売


掲載日:2009/06/23


News

 IDSシェアー・ジャパン株式会社は、BPM製品群の新版「ARIS 7.1日本語版」を、発売した。

 今回の新版では、「ARIS」で設計したビジネスプロセスにSAPソリューションを実装し、最適化する製品「ARIS Business Architect for SAP」(旧称「ARIS for SAP NetWeaver」)により、SAPとの連携が強化され、ビジネスプロセスとSAP環境とのシームレスな統合が更に強化された。これにより、ビジネスプロセスや新しいビジネスコンセプトをSAP環境にマッピングし、より迅速/効率的に自社の戦略やビジネス要件を実施することが可能となる。また、ユーザである業務部門とIT部門が抱えるSAPの課題に統合的に対応することで、部門間の要件を調整し、全社的なSAPプロジェクトの推進を支援する。

 ビジネスプロセスの基本モデリングツール「ARIS Business Architect」に、バージョン機能が追加された。同機能によりユーザは、同一の「ARIS」DB内で複数のバージョンのコンテンツを管理/閲覧することが可能となる。バージョン管理の対象として指定したモデルに変更が加わった際、差分情報は変更リストとして格納される。これらのバージョンは、Excelや差分の詳細情報、プロセス図など、様々な方法で比較することもできる。これにより、毎年継続的に実施していく内部統制や、コーポレイトガバナンスを支援する。

 モデリング/グラフィック機能が向上し、すべてのテキスト文字の書式設定や直接編集が可能となった。オブジェクトの豊かな表現やレイアウトも容易となっている。また、モデル名の代替言語表示が可能となり、1つのオブジェクトを2ヵ国語の名称で登録でき、どちらかが未入力の場合でももう1つの言語で表示される。

 新定義のモデルタイプ“マトリックスモデル”では、ITシステムと業務プロセスのオブジェクト関係を表形式で表示するモデルタイプが確立された。また、“プロジェクトスケジュールモデル”では、時間軸の単位やスケールを自由に設定でき、KPI(重要業績指標)に基づいた柔軟なモデリングやレポートが可能となる。


出荷日・発売日 2009年6月19日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

システム間データ連携ソリューション 「DataSpider Servista」 【アプレッソ】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 データ加工・変換ツール 「DataMagic」 【セゾン情報システムズ】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
EAI EAI EAI EAI
企業内に散在するデータを活用し、素早く簡単に目的とする処理サービスを作るソフトウェア
●プログラミング不要
●開発支援機能、多彩な連携機能、豊富な運用支援機能装備
企業内の様々なデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するデータ連携ミドルウェア。
5,000社以上への導入実績を持ち、9年連続国内シェアNo.1を獲得。
膨大なデータのフォーマット変換、必要なデータの抽出・DBへの格納など、業務に必要なデータ変換をノンプログラミング・低コストで実現するデータ加工・変換ツール ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026152


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ