フレクシェ、生産スケジューラの大規模工程向け機能などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フレクシェ、生産スケジューラの大規模工程向け機能などを強化


掲載日:2009/06/19


News

 株式会社フレクシェは、大規模工程のための機能などを強化した生産スケジューラ「FLEXSCHE 9.0」を、発売した。価格は、320万円からとなっている。

 「FLEXSCHE」シリーズは、様々な業種/生産形態に適応できる柔軟性と、優れた操作性を提供するユーザインターフェースを備えた生産スケジューラ。今回のバージョンでは、複数の工程のスケジュールをまとめて表示し、そこからドリルダウンして(掘り下げて)詳細表示することなどが可能な“ジョブガントチャート”機能が追加され、造船などの重工業や大型装置製造といった業種への親和性が向上している。大規模な工程に対しては全体を確認したい時はまとめて表示し、詳細を確認したい時はドリルダウンすることで、スケジュールや進捗状況を効率的に把握することができる。

 化学/薬品などのバッチプロセス向けに、在庫や需要の状況に応じて自動的かつタイムリーに補充/引き当てを行なう機能が強化された。受注オーダーに対し、完成品在庫があればそれを優先的に引き当て、なければ製造オーダーを生成するという処理が可能となった。在庫との引き当て状況もガントチャートで視覚的に確認することができる。また、材料の消費期限や需要の発生した場所を考慮した補充/引き当ても可能となった。

 マスタデータをグラフィカルに編集するための製品「FLEXSCHE Editor」では、一連の工程をまとめて複製することが可能となったほか、雛形としてよく使用するデータを分類して整理しておき、効率的に参照/複製することが可能となった。各工程に設定されているデータのダイジェスト表示も可能となった。各テーブルの編集では、ソートやフィルタなどの機能が拡充されている。

 ユーザインターフェースが改められ、ツールバーに新たなボタンを追加してそこから様々な機能を実行することや、ショートカットキーを各機能に割り当てることが可能となった。各種パネルの配置もより直感的に行なうことができる。印刷機能も強化され、各種チャートを印刷する際に、あらかじめ用意したイメージと合成することが可能となった。

 上位版として、64ビットCPU版で25万作業以上の大規模データにも対応した「FLEXSCHE GP Large」も用意されている。また、日本語版に加え、英語版/簡体字中国語版もリリースされる。


出荷日・発売日 2009年6月19日 発売
価格 320万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】 見積共有管理 for WEB 【ソフトバンク コマース&サービス】 継続請求管理ロボット「経理のミカタ」 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。 Webブラウザで見積書の作成・承認・印刷、そして、会社の見積書共有まで実現し、営業活動の効率化と顧客対応スピードの向上を図る見積書作成システム。 SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026129


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ