プレミア コンファレンシング、電話会議で定額プランを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プレミア コンファレンシング、電話会議で定額プランを提供


掲載日:2009/06/17


News

 プレミア コンファレンシング株式会社(プレミア グローバル サービス)は、予約不要のノンオペレータ電話会議サービス「ReadyConference」で、定額プランの提供を、開始した。

 「ReadyConference」では、パスコードがあれば時を問わず会議を開始でき、予約不要で電話会議を開催することができる。既存の電話機で利用でき、電話機の購入や回線の用意は不要となっている。電話会議のガイダンスやクライアントサポート、マニュアル、資料などは、日本語/英語のバイリンガルで対応している。また、通常のアクセス番号に加え、国内/海外(34ヵ国)に対応したフリーダイヤルのアクセス番号が発行される。会議参加者は電話料金を負担せずに利用できるため、自宅や出張先のホテルから電話会議に参加する場合、精算の手間を省くことができる。電話料金は主催者負担となる。

 主催者専用機能として、出席者確認や、会議のロック(参加拒否)/ロック解除、セキュリティコードの設定/解除などの機能を備えている。参加者全員をミュートにすることもできる。また、必要に応じて複数のパスコードを発行できるため、主催者は用途に応じてパスコードを使い分けることができる。外部の参加者を招く会議には、1回限りのパスコードも発行することができる。

 主催者が会議に参加するまで音楽を流し、参加者同士の会話を不能とすることができる。主催者が主催者用パスコードとクライアントIDを入力後に会議開催可能となる。また、会議終了後、登録されたメールアドレスに、利用確認が可能なサマリーレポートが送付される。

 今回提供される定額プランでは、1ヵ月に利用できる利用分数の上限が500分/3000分/1万分/5万分のプランが用意され、1年契約と2年契約から選択することができる。なお価格は、1年契約の場合で、1ヵ月の上限が500分のプランが月額7500円、5万分のプランが月額43万円などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

驚きの“ビデオ会議”活用法、多彩なビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 【ポリコムジャパン】 東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る 【PTC ジャパン】 企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 LAN構築 開発ツール EDI
「ビデオ会議は会議室で使うもの」……その考えはもう古いかもしれない。ビデオ会議は会議室を飛び出し、思いも寄らない使い方をされている。そのエピソードを見ていこう。 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026105


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 電話会議 > 電話会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ