JS、文書制作の国際標準規格DITAに対応した文書編集環境を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JS、文書制作の国際標準規格DITAに対応した文書編集環境を発売


掲載日:2009/06/16


News

 株式会社ジャストシステムは、国際的な技術標準化団体“OASIS”が策定した文書制作の国際規格“DITA”(Darwin Information Typing Architecture)仕様に対応した文書編集環境「xfy DITAエディタ」を、6月30日より発売する。

 “DITA”では、文章の部品化と構成管理の仕組みをXMLに準拠して標準化することで、文書コンテンツの再利用性を向上させることができる。同じ文書コンテンツから、文書を利用する読者のニーズに合わせた様々な文書を制作できるため、技術ドキュメント/製品マニュアル/教育コンテンツなど、様々な分野で利用することができる。

 今回発売される「xfy DITAエディタ」は、“DITA”の記述ルールや構成ルールに従った文書を簡易/効率的に編集できる“DITA”専用の文書編集環境。“DITA”のルールがエディタ機能に組み込まれて提供されるため、文書作成者は“DITA”の詳細なルールやXMLタグに対する知識不要で、“DITA”に準拠した文書を作成/編集することができる。これにより、文書作成者は、内容の検討や文章表現の工夫に専念することができる。

 再利用可能なコンテンツ素材“トピック”をタグを意識せずに作成できるほか、編集位置にあわせて利用できる機能のみをメニューに表示させることができる。コンテンツ内に別のコンテンツを参照して表示できる“内容参照”を考慮した編集操作が可能で、“内容参照”をまたいだ編集操作の禁止などを自動的に抑制することができる。また、文書のトピックやフォルダの構成を定義した“DITAマップ”を画面上で確認しながら、トピックを作成/編集でき、大規模で複雑な構成の文書を効率的に編集することができる。

 タグのクラス属性を継承したままタグ名称を再定義できる“特殊化”に対応しているため、業界や企業の業務に最適化された文書編集環境にカスタマイズすることができる。また、同社の文章支援構成ツール「Just Right!」と連携することで、誤字/脱字や表記ゆれなどの文章校正を行なえるほか、企業内や業界特有の用語を統制することもできる。更に、文書管理システムと連携させることで、文書制作や翻訳業務の全体プロセスを標準化/効率化でき、生産性向上やコスト削減を支援する。なお価格は、5ライセンス版が45万円、10ライセンス版が85万円、30ライセンス版が240万円となっている。


出荷日・発売日 2009年6月30日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026092


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ