京セラミタ、カラー複合機用のタッチパネルテンプレートを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


京セラミタ、カラー複合機用のタッチパネルテンプレートを発売


掲載日:2009/06/15


News

 京セラミタジャパン株式会社は、カラー複合機「TASKalfa 500ci」シリーズ用に、タッチパネルの操作性を向上させる「パネルテンプレート」5種類を、6月中旬より発売する。価格は、各4万5000円となっている。

 「パネルテンプレート」は、スキャン用PCソフトウェア「スキッと!名刺くん」/「スキッと!編集くん」/「WinReader PRO v.12.0」(いずれもメディアドライブ株式会社製)と連携しており、複合機でスキャンする際のタッチパネル画面をカスタマイズすることで、定型業務の合理化と操作の簡素化を可能とする。5種類が用意され、それぞれカスタマイズされたボタンがレイアウトされたタッチパネル画面を提供する。いずれも、名刺や書類をセットし、カスタマイズされたボタンを押してから、スタートボタンを押すことで、それぞれの機能を利用することができる。

 「パネルテンプレートA」では、スキャンデータの送信先ごとのボタンが提供される。名刺を、指定した送信先のPCの「スキッと!名刺くん」にデータとして自動で登録することができる。「パネルテンプレートB」では、“名刺を共有”ボタンが提供される。名刺のデータをPCに取り込み、送信先のPCの「スキッと!名刺くん」で名刺を閲覧できるほか、他のPCからWebブラウザ経由で名刺を閲覧することができる。

 「パネルテンプレートC」では、スキャンデータの送信先ごとに“紙文書の編集”ボタンが提供される。書類が、指定した送信先のPCの「スキッと!編集くん」にデータとして取り込まれ、編集が可能となる。「パネルテンプレートD」では、Officeファイル名のボタンが提供される。変換したいファイル形式のボタンを押すことで、スキャンデータがPCの「WinReader PRO v.12.0」に取り込まれ、指定したファイル形式に変換される。また、「パネルテンプレートE」では、A4/B4といった読み込みサイズ名のボタンが提供される。見開きの書籍のスキャンデータがPCの「WinReader PRO v.12.0」または「スキッと!編集くん」に取り込まれ、編集または検索できる形式に変換することができる。


出荷日・発売日 2009年6月中旬 発売
価格 4万5000円

関連キーワード

「京セラミタジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026083


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ