ディーコープ、購買活動総合支援のiPhone 3G向けソフトを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディーコープ、購買活動総合支援のiPhone 3G向けソフトを提供


掲載日:2009/06/12


News

 ディーコープ株式会社は、買い手企業と売り手企業の購買活動を総合的に支援するサービス「見積@Dee」で、iPhone 3Gを使用して新規案件の獲得を図ることができるアプリケーションソフト「iPhone 3G向け『見積@Dee』」の提供を、開始した。アップルのダウンロードサイトApp Storeから無料でダウンロードすることができる。

 「見積@Dee」は、売り手企業が買い手企業からの見積もり/提案依頼情報を取得し、タイムリーな見積もり/提案の提出を行なうことで、企業間取引でのビジネス機会拡大を図ることができるサービス。今回提供されるソフトでは、「見積@Dee」の売り手企業向けサービスを利用することができる。売り手企業の「見積@Dee」の登録費用や利用料金、取引成約時の費用などは不要となっている。

 PCを立ち上げずに、iPhone 3Gから「見積@Dee」上で展開されている見積もりや入札案件概要へのアクセスが可能となるため、外出の多い営業担当者なども買い手企業からの情報を収集することができる。更に、サプライヤ会員(売り手企業)は、PC向けのサプライヤ会員向けサービス「見積@Dee」サプライヤポータルとほぼ同様の機能を外出先からでも利用できるため、迅速に買い手企業からの見積もり/提案依頼の案件情報を入手し、買い手企業担当者へ見積もり金額の提出や案件に関する質問を行なうなどの対応が可能となる。

 一般公開の見積もりや提案依頼案件概要の閲覧が可能となっている。サプライヤ会員向け機能として、ユーザ企業(売り手企業)への指定見積もり/提案依頼/入札案件の詳細閲覧が可能となっているほか、買い手企業への案件に関する質問や、案件に関する質疑応答や履歴閲覧が可能で、売り手企業から買い手企業への見積もり金額や提案を提出することもできる。また、ユーザ企業(売り手企業)参加のリバースオークション(入札)の入札状況を閲覧できるほか、iPhone 3Gを活用して、サプライヤ会員登録済みの他の担当者(主担当者)へのメールや電話での連絡が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】 Microsoft Dynamics CRM Online 【日本マイクロソフト】 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは? 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026075


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ