TSOL、数十テラバイト級のデータを迅速に検索できるXML DBを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TSOL、数十テラバイト級のデータを迅速に検索できるXML DBを発売


掲載日:2009/06/11


News

 東芝ソリューション株式会社(TSOL)は、分散配置したXMLデータを並列検索することで、数十テラバイト級の大容量データでも迅速に検索できるスケーラブルなXML DB「TX1 V3」を、発売した。

 「TX1」では、XMLデータからデータの階層構造を自動的に抽出して索引化する“スキーマ・アナライザ技術”や、抽出した構造情報と語彙検索情報を統計的に分析して適切な問い合わせプランを生成する“クエリ・オプティマイザ技術”により、テラバイト級のXMLデータを迅速に検索することができる。

 今回のバージョンでは、分散並列検索技術“Distributed Parallel Search”(DPS)が採用されている。検索や更新などを行なうDBサーバ“TX1サーバ”を複数管理する“TX1コーディネータ”から、同時/並列に指示を出すことで、分散したXML DBの高速検索を可能としている。“TX1コーディネータ”は既存の“TX1サーバ”を統合管理する機能を備えているため、既存の「TX1」DBを統合するデータ統合の基盤としても活用することができる。また、従来バージョン「V2」に比べ、DBサイズを最大40%縮小し、データの登録性能と検索性能を最大2倍高速化している。なお1CPUライセンスの価格は、「TX1 V3」が472万5000円、「TX1 V3 コーディネータ」が630万円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2009年6月10日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026064


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ