SAPジャパン、中堅中小企業向けの包括的BIソフトウェアを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、中堅中小企業向けの包括的BIソフトウェアを提供


掲載日:2009/06/11


News

 SAPジャパン株式会社は、中堅中小企業向けの包括的BI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェア「SAP BusinessObjects Edge BI 3.1」の提供を、開始した。

 「SAP BusinessObjects Edge BI 3.1」では、検索機能を備えたビジュアル作成ツール「SAP BusinessObjects Explorer」が追加されたことで、ITの専門知識に馴染みのない利用者でも、簡便なキーワードサーチ機能によって様々なデータソースから情報を探し出し、重要なビジネス課題の答えを迅速に得ることが可能となった。例えば、レポート/データセット/ダッシュボードをクリックすることで、地域別売上などの特定のデータを検索することができる。

 異機種混合環境への対応が改善され、同社以外のデータソースにも対応し、様々なIT環境で使用することができる。例えば、Oracle製品(Oracle E-Business Suite用のOracle Integration、JD Edwards、PeopleSoft、Siebelといったアプリケーション)やMicrosoft製品(Windows Server 2008、SQL Server 2008、Share Point Server 2007、.NET development kit)を使用しているユーザにも対応している。これにより、様々なソースからデータをまとめて検索することができる。

 更に今回、「SAP BusinessObjects EPM(Enterprise Performance Management)」ソリューションを中堅中小企業向けにパッケージ化したことで、企業の管理職が事業の成長と収益の増加を図るための情報を容易に獲得することができる。パッケージには、目標遂行のためのプロセスを可視化して管理し、短/中/長期の目標達成を支援する“SAP BusinessObjects Edge Strategy Management”や、予算策定/運用計画立案から連結計画/レポートまで様々な要件に効率的に対応できる計画立案/連結策定アプリケーション“SAP BusinessObjects Edge Planning and Consolidation”などの機能が含まれている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウド時代のデータ分析環境構築に必須の概念「データグラビティ」とは 【Tableau Japan】 ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 【Tableau Japan】 脱Excelの大本命 急成長の「セルフサービスBI」が選ばれる理由とは(Actionista!) 【ジャストシステム】 BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか(Actionista!) 【ジャストシステム】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】
BI BI BI BI BI
クラウド時代のデータ分析環境構築に必須の概念「データグラビティ」とは ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 脱Excelの大本命 急成長の「セルフサービスBI」が選ばれる理由とは BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026062


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ