日本IBM、8Gbps FCや自己暗号化HDD採用のディスク装置を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、8Gbps FCや自己暗号化HDD採用のディスク装置を出荷


掲載日:2009/06/05


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、ミッドレンジクラスのディスク装置「IBM System Storage DS5000」シリーズの機能拡張として、サーバへの転送速度が8Gbpsのファイバチャネル(FC)と、搭載ディスクに自己暗号化機能付きのHDDの採用を可能とし、これらの機能を搭載した同シリーズを、6月5日より順次出荷する。

 従来の同シリーズでは4Gbpsの転送速度でサーバに接続していたが、今回8Gbpsの転送速度を達成したことで、2本のケーブルをサーバに接続することで可能としていた8Gbps相当の性能を、1本のケーブルで可能とするため、ポート数とケーブル数を従来の半分に抑えることができる。同機能は、ポート部分を置き換えることで、既存のバージョンの「DS5000」にも搭載することができる。

 自己暗号化機能付きHDDでは、暗号処理はHDD内の暗号化エンジンが行なうため、「DS5000」の制御装置への負荷を回避でき、ディスク装置全体としての処理スピード低下を抑えることができる。また、自己暗号化機能付きHDDと暗号非対応HDDの混在も可能で、データ暗号化の必要性に応じて自己暗号化機能付きHDDを追加できるため、大きな投資が不要となる。

 更に、「DS5000」シリーズの「IBM System Storage DS5300」では、従来224個であった最大搭載HDD数が2倍の448個まで拡張され、最大ディスク容量が448TB(1TBのSATA HDD搭載時)となった。また、「IBM System Storage DS5100」では、内蔵のキャッシュメモリが従来比2倍の16GBとなり、内部処理の効率化によって、アプリケーションの応答速度向上を図ることができる。

 なお、今回の拡張機能は、ファームウェアなどの更新のみで既存の「DS5000」シリーズにも搭載することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? 【ネットアップ】 「働き方改革実現」だけではなく効率的な業務も実現 驚きの施策とは 【EMCジャパン株式会社】 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? 【ネットアップ】 SSDとHDDの併用課題を解決、新世代ハイブリッドストレージは何が違うのか? 【華為技術日本】 これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 【Dell EMC】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? 必須要件は10万IOPS、ネットワンシステムズに学ぶストレージ刷新 普及で見えてきたフラッシュのメリット、導入企業が実感したその効果とは? SSDとHDDの併用課題を解決、新世代ハイブリッドストレージは何が違うのか? これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026017


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ