日本HP、ITIL v3の実装を支援するITサービス管理製品新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ITIL v3の実装を支援するITサービス管理製品新版を出荷


掲載日:2009/06/04


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ITIL v3の実装を現実的に支援するITサービス管理ソフトウェアの新版「HP Service Manager 7.1 software」を、出荷した。

 「HP Service Manager」は、ITILに沿ったワークフロー管理をサポートし、インシデント管理/問題管理/変更管理/リリース管理/構成管理までの流れを一元的に提供する製品。今回の新版では、ITIL v3ベースのベストプラクティス(模範事例)をテンプレート化した機能“ITSM Implementation Accelerator”(IIA)を標準搭載し、ITIL v3に基づいた“人”/“モノ”/“プロセス”を包含した仕組みをテンプレートとして提供する。

 “人”については、各管理プロセスの役割と責任に関する定義の雛形があらかじめ実装されており、各管理プロセスの役割に応じた担当者を容易に割り当てることができる。“モノ”については、構成管理DBの雛形が用意され、インシデント管理を中核にITIL v3の全体的なプロセスフローチャートが組み込まれている。“プロセス”については、ITIL v3をベースとした管理プロセス図と実行手順、KPIに関するガイドが提供される。また、COBIT 4.1に対応しているため、内部統制強化に向けた日本版SOX法対応やITガバナンスの取り組みも支援することができる。

 IT運用のための統合リポジトリ製品「HP Universal CMDB」(HP UCMDB)との連携機能が強化されている。従来は定期的なバッチ処理で行なっていた双方向連携をWebサービス化することで、ITILプロセスに必要な構成情報とその関係、様々なインシデントや変更作業、リリース情報などを包括したデータへのリアルタイムアクセスが可能となった。また、「HP Service Manager 7.1」上の変更管理機能のもとで構成情報をコントロールできるほか、「HP Service Manager 7.1」から「HP UCMDB」の構成ビュー(影響の可視化)を呼び出すこともできる。「HP Service Manager 7.1」と「HP UCMDB」の保有している構成情報に誤差がある場合は管理者に通知されるため、実態データと管理データの監査も可能となる。

 基本機能とヘルプデスク機能、変更管理機能、サービスレベル管理機能をセットにしたスイートパック(25固定ユーザライセンス)を廉価に提供する「HP Service Manager Starter Suite(固定ユーザー)」も用意されている。また、SaaS(Software as a Service)によるサービス提供にも対応する。


出荷日・発売日 2009年6月2日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 「PCやシステムの運用管理」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】 OSSによるインフラ構築の悩みを解消し、アプリ開発に専念する秘策とは 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 【Veeam Software japan】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 抽選で20名様に5000円分商品券★「PCやシステムの運用管理」に関するアンケート オープンソースソフトウェア(OSS)がさまざまなシステムの基盤として使われているが、OSS同士の相性に起因する問題は解決が難しい。頼れる専門家はいないだろうか。 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20026004


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ