先端技術研究所、Webアプリケーション脆弱性スキャナ新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


先端技術研究所、Webアプリケーション脆弱性スキャナ新版を発売


掲載日:2009/06/03


News

 有限会社先端技術研究所は、マルタ共和国AcunetixのWebアプリケーション脆弱性スキャナソフトウェアの新バージョン「WVS(Web Vulnerability Scanner)バージョン6.5」を、発売した。

 「WVS」は、Webアプリケーションの脆弱性を監査するためのスキャナソフトウェア。Webサイトをスキャンすることで、Web攻撃に対する脆弱性を検出して解決方法を提示する。今回の新バージョンでは、Webアプリケーションのセキュリティを確保するために設計された、“ファイルアップロード処理脆弱性”に対する検査が追加された。

 新しいログインシーケンスレコーダとセッション自動認識により、様々な認証メカニズムを使用して様々な認証形式に自動的にログインすることが可能となった。また、クッキー/セッション操作の改良により、様々な動的Webアプリケーションを効率的にスキャンすることが可能となった。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

標的型攻撃メール訓練 「SYMPROBUS Targeted Mail Training」 【アクモス】 発見困難な「標的型攻撃」の防ぎ方:えっ、メールやWeb対策だけで防げないの? 【トレンドマイクロ】 サイバーインシデント対応演習サービス 【日立ソリューションズ】 標的型サイバー攻撃対策を検討しているCIOやIT部門のセキュリティ担当者 【トレンドマイクロ】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
疑似攻撃メールの送信や結果の集計、レポート作成などをすることで、標的型攻撃メールの対策訓練を実施するソリューション。 発見困難な「標的型攻撃」の防ぎ方:えっ、メールやWeb対策だけで防げないの? 「標的型メール攻撃で情報が漏えいした」などインシデントの疑似体験を通じてインシデント発生後の判断力や対応力を高めるための演習サービス。主に経営層〜管理職が対象。 新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025995


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ