オートデスク、電子納品支援ソリューションパッケージ新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オートデスク、電子納品支援ソリューションパッケージ新版を出荷


掲載日:2009/06/03


News

 オートデスク株式会社は、官公庁向け土木工事を対象に国土交通省が推進している電子納品を支援するソリューションパッケージの新版「AutoCAD LT Civil Suite 2010」を、出荷した。価格は、24万8000円となっている。

 「AutoCAD LT Civil Suite」は、土木設計で使用される2次元設計ツール「AutoCAD LT」と、電子納品支援ツール「Autodesk CALS Tools」で構成され、電子納品をともなう土木設計の効率化を支援する。「Autodesk CALS Tools」は、公共事業で官公庁に提出するCADの設計図を、国土交通省の電子納品の要求仕様に準拠するよう自動的にチェック/修正し、同省が指定するSXF形式の納品用ファイルに迅速に変換する。また、「AutoCAD」のファイル形式“DWG”で同社純正の“TrueDWG”を、直接チェック/修正し、標準のSXFファイルに変換することで、煩雑な作業やそれにともなうヒューマンエラーによる手戻りといった工数を削減することができる。

 今回の新版では、“DWG”形式に加え、2次元汎用CADフリーウェア「Jw_cad」の“JWW”/“JWC”形式ファイルの読み込みが可能となった。複数の企業や組織が関わるプロジェクトで、“DWG”ファイルに加え“JWW”/“JWC”も同時に扱う場合、「Autodesk CALS Tools」から“JWW”/“JWC”ファイルを直接開いて変換作業まですすめることができる。

 一度に数十枚から数百枚の図面を扱う場合、バッチ処理でこれらのファイルを一度にまとめて変換することが可能となった。また、「AutoCAD LT」のレイアウト空間で作成したビューポート(モデル空間を覗き込む窓)の表示状態を維持したままSXFファイルに変換することが可能となった。


出荷日・発売日 2009年6月3日 出荷
価格 24万8000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025992


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ