NRI、統合システム運用管理ツールを仮想環境の一元管理等に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、統合システム運用管理ツールを仮想環境の一元管理等に対応


掲載日:2009/06/03


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、統合システム運用管理ツール「Senju Family」のうち、システム運用業務を支援する統合システム運用管理ツール「Senju Operation Conductor」と、ITILプロセス実践を支援するWebベースのサービスデスクツール「Senju Service Manager」で、それぞれ「Ver.10.0」を、発売した。

 「Senju Operation Conductor Ver.10.0」では、発生したメッセージ(イベント)の切り分けを行ない、その結果に応じた複数パターンの対応を自動で実行することが可能となった。また、システム障害時の診断/復旧作業や、サーバ維持管理作業など、従来は手順書に従ってオペレータが実施していた作業を、システム上で自動実行できる“ランブックオートメーション”機能に対応した。

 VMwareの監視/制御機能を備え、VMware ESX Serverや仮想サーバで、各種リソース情報の一元監視/管理が可能となっている。仮想環境での複雑なシステム障害時の作業ミスを防止し、復旧作業を迅速化することができる。VMware ESX Serverの電源のオン/オフや、仮想サーバの起動/停止などの制御/管理も可能となっている。また、管理対象サーバやネットワーク機器などのモジュールに変更を加えずに、稼働中のアプリケーションに導入が可能な仕組み“エージェントレス”での導入が可能なため、既存のシステム環境への大幅な変更は不要となっている。

 「Senju Service Manager Ver.10.0」では、ITIL準拠の分析機能が強化され、運用処理中に発生したイベント履歴などをグラフや図表形式で出力することが可能となった。これにより、ITサービスの提供状況や課題の可視化と、ITILに準拠したITサービスの品質向上とコストの最適化が可能となる。障害(インシデント)などに関する蓄積されたデータの分析が可能で、分析条件をあらかじめ用意された分析定義から選択することで容易に分析レポートを作成することができる。また、ワークフローが強化され、ワークフローの差し戻し設定や、ワークフローの途中で添付ファイルなどの編集作業可否の設定が可能となった。なお最小構成での価格は、「Senju Operation Conductor」が50万円から、「Senju Service Manager」が380万円からとなっている。


出荷日・発売日 2009年6月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 NRIの運用ノウハウを凝縮した運用管理ツール「Senju Family」 【野村総合研究所】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 【日本マイクロソフト】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
NRIの運用ノウハウを凝縮!ITサービスマネジメント推進の手順書 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025991


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ