SPI、レイヤ4スイッチ機能に限定したロードバランサを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SPI、レイヤ4スイッチ機能に限定したロードバランサを発売


掲載日:2009/06/01


News

 セイコープレシジョン株式会社(SPI)は、レイヤ4スイッチ機能に限定したロードバランサ「SX-3220 LB」を、発売した。価格は、49万円となっている。

 「SX-3220 LB」は、幅430mm×奥行き250mm×高さ44mm(突起部除く)の、19インチラックマウント型のロードバランサ。“フェイルスルー機能”により、ロードバランサに障害が発生してもネットワーク通信を確保できるため、バックアップ機非搭載の1台構成でも障害の影響を抑えることができる。また、日本語のWeb管理画面を備え、容易に設定/運用できるほか、SNMP(Simple Network Management Protocol)/syslogサーバに対応しているため運用監視も可能となっている。

 24時間365日のコール受付や、全国派遣保守が可能な保守体制が整備されており、センドバック/オンサイトの保守サービスが用意されている。5年間のセンドバック保守サービス(保守パック)を追加した場合の価格は56万円となっている。


出荷日・発売日 2009年6月1日 発売
価格 49万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ADC/ロードバランサ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ADC/ロードバランサ」関連情報をランダムに表示しています。

「ADC/ロードバランサ」関連の製品

最先端ADC「Alteon NGシリーズ」 【マクニカネットワークス】 Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】 仮想ADC/ロードバランサー Brocade Virtual Traffic Manager 【SCSK】 Netwiserシリーズ ロードバランサー 【セイコーソリューションズ】 Barracuda Load Balancer ADC 【バラクーダネットワークスジャパン】
ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ
クラウド事業者の2大課題【コスト削減と差別化】解消法を伝授 トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。 SSLアクセラレータを標準搭載する、仮想ADC(L7ロードバランサー/アプリケーション・デリバリ・コントローラ)。ソフトウェアベースのためクラウド・仮想環境に最適。 中小規模システムに最適なロードバランサー。必要な機能に絞り低コスト導入可能。
CLIと同じ内容が設定できる日本語Web対応。
全国オンサイト保守など設定・運用面でも安心。
トラフィックを複数のサーバーへ負荷分散する機能やフェールオーバ機能などに加え、本格的なWAF(Web Application Firewall)機能を標準搭載した高機能なADC製品

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025971


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ