NRI、安全/効率的な文書共有が可能なソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、安全/効率的な文書共有が可能なソリューションを発売


掲載日:2009/05/29


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、ファイルサーバを統合管理し、ドキュメントを保護する、セキュリティ基盤ソリューション「File Server Protector」を、6月1日より発売する。

 「File Server Protector」では、企業の業務プロセスやシステム環境に大きな変更を加えずに、横断的なファイルアクセスが可能でセキュリティに優れたドキュメント管理を可能とする。Active Directory(Windowsに搭載されているディレクトリサービス)との連携による、ユーザ認証/アクセス権限管理の一元化が可能で、アクセス権限管理に加え、様々なドキュメント(Word/Excel/PowerPoint/PDFファイルなど)に対する操作権限の管理(閲覧期間/回数、編集/印刷/保存/キャプチャなどの制御など)を行なうことができる。また、監査証跡を備え、サーバに対するアクセスログに加え、クライアントでの操作ログまでカバーすることができる。

 これらにより、ドキュメントの共有と保護の両立が求められるシーンで活用でき、例えば、本社部門が作成した業務マニュアルや通達などの閲覧/検索システムによる情報漏洩対策の社内周知/徹底に活用できるほか、モバイルPCや在宅勤務環境からリモートアクセスを行なう際の安全なアクセス環境を構築でき、シンクライアント構築のための投資は不要となっている。インターネットプロトコルの利用により、企業間での安全なドキュメント共有サイトを構築することもできる。なお価格は、最小単位200クライアントで年間利用額が200万円からとなっている。


出荷日・発売日 2009年6月1日 発売
価格 最小単位200クライアントの年間利用額:200万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 MasterControl Documents 【マスターコントロール】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローに合わせて、文書確認・編集・承認・通知配信・保管・廃棄などをタイムリーに実行できる文書管理システム。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025953


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ