カール、エンタープライズRIAの新版の日本語版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カール、エンタープライズRIAの新版の日本語版をリリース


掲載日:2009/05/28


News

 株式会社カールは、従来型のエンタープライズRIA(Rich Internet Applications)とデスクトップRIAの両方を兼ね備えたエンタープライズWebアプリケーションの構築を可能とする、エンタープライズRIAの新版「Curl Ver. 7.0」の日本語版を、リリースした。

 「Curl」は、現在のWebアプリケーションの問題や課題の解決を図り、高度/複雑なユーザインターフェース(UI)を備えたシステム構築を可能とするエンタープライズ向けRIAプラットフォーム。クライアントUI部分を構築する“Curl言語”により、HTMLのようなテキストフォーマットからパフォーマンスに優れた3D(3次元)グラフィックスまで、広範囲の開発記述に対応することができる。また、クライアントサイドに特化しており、WebアプリケーションのUIを向上できるほか、OS/メーカを問わず様々なサーバ製品との連関性を向上させることで、データやシステムなどの既存資産を効率的に活用することができる。

 今回の新版では、利用者はWeb経由で配信された「Curl」アプリケーションを容易にデスクトップ上のアプリケーションとしてインストールでき、デスクトップのアイコンから実行が可能となった。登録されたアプリケーションは、セキュリティ機能“サンドボックス”(アプリケーションごとのアクセス権限を設定することでPCを安全に保つための機能)と柔軟なセキュリティモデルに保護され、システム権限の範囲内でローカルデータにアクセスすることができる。また、クライアントにデータを保存する場合には、オープンソースのDBエンジン「SQLite」とシームレスに接続することでデータの読み書きを容易とし、パフォーマンスを向上させることができる。更に、暗号化データとの通信も可能なため、セキュリティ面にも配慮したアプリケーションを提供することができる。

 同RIAのランタイム“Curl RTE”のコンパイルエンジンに“Global register allocation”や“Cross-module inlining”を採用したことで、従来比20〜300%のパフォーマンス向上を達成した。また、同時に提供される「Style Designer」を使用して、コントロールのUIスキン(外見に関する情報を格納したファイル)を容易に設定でき、カラーパレットからカラーを選択しながらUIスキンを作成することができる。作成したUIスキンは保存可能で、他の「Curl」アプリケーションで読み込んで使用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025950


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ